お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「メタ」の意味とは? 正しい使い方とさまざまな表現

moeka

「メタ」という言葉を聞いたことはありますか? また、聞いたことはあっても、正しい使い方を知っているでしょうか。今回は「メタ」という表現について役立つ知識を紹介します。

「メタ」とはSNSなどでよく見かける言葉です。知識として意味や使い方を知っておきたい言葉でもあります。

正しい意味や使い方を知ることで、相手との会話を弾ませたり、自身の表現力を広げたりできますよ。これを機にチェックしていきましょう。


「メタ」の意味は?

ネットスラングにおける「メタ」は、「メタフィクション」の略称のことです。

元々「メタ」は、ギリシャ語「meta」を由来とし、「高次の」「越える」「超越した」といった複数の意味を持っています。

例えばアニメでいうと、二次元のキャラクターが視聴者に対して語りかけるなど、次元を越えるようなシーンをイメージすると理解しやすいでしょう。

また、「メタフィクション」における「フィクション」は、「作り話」や「創作」という意味を持ちます。

フィクションは元々「虚構」を前提としており、現実世界に生きる私たちが虚構の世界を楽しむために存在しています。

そして、フィクションの中で、フィクションであると意図的に描写することを「メタフィクション」といいます。

例えば、映画の登場人物が実際の視聴者に対して話しかけている場面が挙げられます。

次ページ:「メタ」の使い方は?

SHARE