お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ご返信ありがとうございます」の丁寧な言い方は? 例文や類語も紹介

丸山りさ(まる)

「ご返信」は、仕事のメールなどでよく使う言葉の1つ。使うシーンが多いからこそ、正しい使い方や言い回しのレパートリーを覚えておきたいものですよね。今回は「ご返信」という言葉について、意味や使い方、例文を紹介します。

ビジネスシーンでよく使う「ご返信」という言葉。メールや手紙などで使用することが多いですが、正しい使い方を知っていますか?

「ご返信」を使用する場合、実は使い方に注意しなければ、相手に失礼な印象を与えることもあります。

ここでは「ご返信」の正しい使い方や例文、間違えやすい類語も解説しています。

「ご返信」とは?

まずは、「ご返信」の意味について見ていきましょう。

「ご返信」の意味

「返信」とは「手紙やメールの返事を出すこと」を指します。言葉自体はビジネスシーンだけでなく日常でもよく使われますよね。

ビジネスシーンでは接頭辞である「ご」を付けて敬語表現にしましょう。

丁寧な言い回しになるので、上司や取引先、お客さまなど幅広い相手に対して使えます。

「ご返信」の「ご」は敬語の接頭辞

「ご返信」の「ご」は敬語の接頭辞であり、尊敬語と謙譲語が当てはまります。

ビジネスシーンでは、尊敬語として「ご返信ありがとうございます」「ご返信よろしくお願いいたします」というように使うことが多いでしょう。

自分が返信する時に「ご」を付けるのが正しいか悩む人もいますが、敬語表現の謙譲語として間違っていないので「ご返信いたします」などと表記しても問題ありません。

次ページ:「ご返信」を使った例文

SHARE