お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ご相伴にあずかる」の意味とは? 使い方や類語を解説

佐矢りん(sayareen)

「ご相伴」の類語

「ご相伴」のように、誰かの連れとして同席することを表す言葉には以下があります。

・お供

・ご一緒

・随伴(ずいはん)

・随行(ずいこう)

・付き添い

「随伴(ずいはん)」はお伴(とも)として付いて従って行くこと、「随行(ずいこう)」は特に目上の人に付いて従って行くことを意味します。

「随行」と似ている「同行」は、上下関係にかかわらず使用する言葉なので、上司や取引先についていく場合は「随行」が適切でしょう。

「付き添い」は、誰かのそばにいて世話することやエスコートすることを指す言葉。ただし、自ら「付き添います」と言うと、「私が面倒を見ます」という意味で伝わり失礼な表現になるので注意しましょう。

「ご相伴にあずかる」「ご相伴いたします/させていただきます」の類語

「ご相伴にあずかる」や「ご相伴いたします/させていただきます」は、次のような類語があります。

・「ご一緒する」
(例)次回の出張は、私もご一緒させていただきます。

・「同席する」
(例)B社との打ち合わせに、私も同席させていただきます。

・「ごちそうになる/あずかる」
(例)本日は、ごちそうにあずかりまして、誠にありがとうございました。

・「接待を受ける」
(例)取引先のD社から、ゴルフの接待を受けました。

・「饗応(きょうおう)を受ける/あずかる」
(例)昨日は田中さまの饗応にあずかり、とても楽しい時間を過ごせました。

「ご相伴にあずかる」は、あくまでも自分は正客の連れである場合に使う言葉です。

それに対して、「接待を受ける」、「饗応(きょうおう)を受ける」は、自分が正客としてもてなされる場合も含みます。

次ページ:「ご相伴にあずかる」の英語表現

SHARE