お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「イノベーション」とは? 意味や定義&事例を解説

Sai

「イノベーション」はなぜ必要?

現在、多くの企業にとってイノベーションを起こせるかどうかは重要な経営課題であると言われています。

さまざまな業界で企業間の競争が加速している中、時代のニーズに合った新しい商品やサービスを提供できない会社は生き残ることができません。

企業が成長する上での革新的な手法や、これまで抱えてきた問題を解決できる仕組みなどを作ることは、多くの企業にとって重要な経営戦略の1つとなっているのです。

イノベーションのジレンマとは?

社会や企業にとって有益な変化が生まれる「イノベーション」ですが、メリットばかりというわけではありません。特に大企業に起こりやすい問題の1つに、「イノベーションのジレンマ」と呼ばれるものがあります。

「イノベーションのジレンマ」とは、「イノベーション」を継続的に起こし続けてきた業界シェアトップの企業が、顧客の意見を重視しすぎて新しい事業に投資するリスクを負えなくなり、結果的に新興企業に負けてしまうことを指します。

顧客の声に耳を傾け既存の製品の質を上げても、消費者を獲得し続けるのは難しいということでしょう。このようなジレンマを避けるためには、バランス良く事業を進める姿勢が大切だと考えられています。

意味や定義を理解して正しく「イノベーション」を使おう

ビジネスシーンやメディアなどでよく使われる「イノベーション」という言葉。さまざまな分野で見聞きする機会があるものの、正しい使い方が分からない人は多いでしょう。

しかし、一度意味や「イノベーション」の役割などを把握してしまえば、使いこなすことはそこまで難しくありません。

「イノベーション」の事例なども併せて確認しておき、職場などで自信を持って使えるようになりましょう。

(Sai)

※画像はイメージです

※この記事は2021年06月22日に公開されたものです

Sai

旅行会社で5年間コンサルタントとして働いた後、フィリピンやオーストラリアでの滞在を経てフリーライターに。 国内外で働いて得た知識や、国際恋愛・国際結婚などの経験を元に、恋愛やビジネス系コラム、英語学習法などに関する記事を多数執筆中。

この著者の記事一覧 

SHARE