お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【ビジネス用語】「ベンチマーク」とは? 意味と使い方を解説

上色ゆるり

PC、スマホ比較サイトなどでよく目にする「ベンチマーク」。その意味を知っていますか? 今回は、ビジネス用語に詳しいライターの上色ゆるりさんに、「ベンチマーク」の意味や使い方について解説してもらいました。

仕事をしていると、どのような意味なのか知らないビジネス用語に遭遇することもあるはず。

とはいえ、「そんなことも知らないの?」と思われないか不安で、なかなか人に聞けないという方も多いことでしょう。

そこで今回は、ビジネスシーンやニュースなどで見かける機会が増えてきている「ベンチマーク」について解説していきます。

どのような意味の言葉なのかはもちろん、仕事に活用できる言い回しなども紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「ベンチマーク」とは?

「ベンチマーク」という言葉が使われている文章を読み書きしたり、話を理解したりするためには、そもそも意味を知らなければなりません。

まずは、「ベンチマーク」とはどういう意味なのか紹介します。

「ベンチマーク」の本来の意味

ベンチマークとは「基準」「水準」「指標」を指します。

ベンチマークの語源は、英語の「benchmark」から来ています。

benchmark
(1)《測量》水準点;(一般に)(評価などの)基準(点)、標準価格
(2)《コンピュ》ベンチマーク(ハード・ソフトの性能などを比較検査するための評価基準)
(『プログレッシブ英和中辞典』小学館)

これを見ると、英語の「benchmark」には、「一般的な物事の基準」という意味と、「コンピューター用語としての基準」という意味の2つがあることが分かります。

外来語としての「ベンチマーク」には、どちらの意味も含まれています。そのため、使われる状況や話の内容によって意味が変わってきます。

では、「ベンチマーク」はどのような分野で、どのような意味を持つのでしょうか。分野ごとの意味もチェックしておきましょう。

IT分野と経済分野で異なる「ベンチマーク」の意味

「ベンチマーク」が主に使われているのは、IT分野と経済分野。

「基準」を指す言葉であるという点ではどちらの分野でも共通していますが、意味は分野によって異なります。

間違った捉え方をしてしまわないよう、分野ごとに意味を把握しておきましょう。

IT分野では「コンピューターの性能を評価したり、調整したりするための基準」

IT分野においての「ベンチマーク」とは、コンピューターの性能を評価したり、調整したりするための基準のこと。

具体的には、PCやスマホに搭載されているハードウェア、およびソフトウェアの処理速度を表す数値のことを指します。

コンピューターの性能を「ベンチマーク」という共通の数値として表すことで、平等に比較できるようになるなどのメリットがあります。

経済分野では「比較対象となる企業の戦略や指標のこと」

経済分野での「ベンチマーク」とは、自社と同じ市場の中で優れている企業、比較の対象となる企業の戦略や指標のこと。

または、優良企業と比較し自社の課題をあぶり出すことで、商品やサービスを改善する活動のことを指します。

ベンチマークの活動は、業績を上げることを目的として、多くの企業が取り入れている経営戦略の1つ。

そのため、経営会議を行う時や起業するための会議、マーケティング関連のニュースなどで、「ベンチマーク」という言葉が多く使われています。

次ページ:「ベンチマーク」の使い方(例文付き)

SHARE