お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

評価が上がる。「上司の信頼」を得る方法5つ

きくかお(WEBライター)

仕事をする上で上司の信頼を得ることはとても大切です。ではどうすれば上司に信頼される人間になれるのでしょうか? 多くの企業での就業経験を持ち、様々な人を見てきたきくかおさんに聞いてみました。

仕事をスムーズに行うにも、出世をするにも、上司の信頼を得ることはとても大切です。上司の信頼を得るためには、押さえておくべきポイントがあります。今回は、上司の信頼を得る方法について解説します。実践することで、上司との関係が格段に良くなりますよ。

あなたに足りないものは? マインドスキル診断

(1)どんな仕事も能動的に取り組む

言われたことだけをやって、何とかその場をやり過ごそうとしている人は、上司の信頼を得ることは難しいです。どんな仕事でも自分で考え、能動的に取り組む姿勢が重要。「この仕事をもっとより良くしよう」と、前向きに仕事に取り組む意識を持ってみてください。

(2)反応が早い

上司に呼ばれたとき「はい」と言ってすぐに行動する人。または、返事もせず、なかなか来ない人。どちらが上司の信頼を得ることができるでしょうか。きちんと返事をする、メールの返信が早いなど、普段の行動一つひとつが上司の信頼を得ることにつながるのです。

(3)言い訳をしない

仕事をしていれば多かれ少なかれミスをしてしまうもの。大切なのは、ミスをしてしまったあとの行動です。言い訳をして誰かのせいにするのではなく、自分で問題を見つけ解決するように努めましょう。仕事に対する取り組み方を上司はしっかり見ています。

(4)プラスの感情を伝える

誰だって誉められたり、認められたりすると嬉しいもの。上司だって同じです。何かをしてもらったら、すぐに御礼を言いましょう。また「○○さんのここを尊敬しています」など上司の良いところをさらりと伝えると、印象も良くなり、関係が向上します。

(5)理想の上司像を押しつけない

上司はこうあるべき、上司はこうしないといけない、と自分の理想の上司像を押しつけるのはやめましょう。完璧な上司はいません。感情を抜きにして会話をすることで、上司と冷静で落ち着いたコミュニケーションを取ることが出来ます。

上司の信頼を得るには、上司と良好な関係を築こう

上司だって人間です。嫌われていると感じている部下よりも、良好な関係を築けている部下に信頼を置くのは当然ですよね。まずは、上司と積極的にコミュニケーションをとって、より良い関係を築くようにしましょう。

(きくかお)

※画像はイメージです

関連する診断をチェック!

耐えることも必要! 「忍耐度」診断

月曜日が怖い。あなたのサザエさん症候群度診断

お付き合い美人度診断~お仕事編~ 人には聞けない「会社での私って?」

※この記事は2021年05月05日に公開されたものです

きくかお(WEBライター)

結婚後、3人の子供の出産を経て、ライターに。
ファッション、恋愛、ライフスタイルの記事を中心に執筆。
母、妻、そして1人の女性という3つの異なる立場を持つ強みを生かし、恋愛というかわいくて憎らしいモンスターに切り込んでいく。
この著者の記事一覧 

SHARE