お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

正しいヘアオイルの使い方とは? 適切な量と塗り方のコツ

上色ゆるり

正しいヘアオイルの使い方

ヘアオイルの魅力を再認識したところで、続いては正しい使い方をご紹介します。

使い方を間違えると、仕上がりが悪くなったり、不快感のある手触りになってしまったりするので、入念にチェックしておきましょう。

適切な量は?

ヘアオイルを正しく使うには、適切な量を守ることが大切。

少なすぎてしまうと、塗り方にムラがでやすくなってしまいます。

反対に多すぎると、ベタベタとして服や顔にくっついてしまったり、見た目が不衛生に見えてしまったりすることがあるので、注意が必要。

髪の毛の長さに合わせて、量を調整するのがおすすめです。

メンズやショートヘアの方であれば1〜2滴ほど、セミロングは2〜3滴ほど、ロングヘアならば3〜4滴ほどが目安といわれています。

ただし、髪の量が多い、少ないによって多少その量は前後します。最初は少ない量で、徐々に量を増やして調整してみるのがおすすめです。

どこにつけるのが最適?

ヘアオイルは、特に毛先に多くつけるのが最適といわれています。根元にたくさん塗ってしまうと、全体がベタッとして見えてしまうため、あまりおすすめできません。

また、毛先は傷みやすく、パサついたり枝毛が目立ったりしやすい部位。ダメージから髪を守るためにも、毛先は特に重点的につけるよう意識してみましょう。

正しいヘアオイルのつけ方

ヘアオイルの使い方として意外と知らないのが、つける手順。ムラなく均等に塗るため、どのように髪の毛につければいいのかも確認しておきましょう。

ヘアオイルの使い方・正しい手順

1:ヘアオイルを適量、片手にのせる。

2:両手をすり合わせて、手のひら全体に広げる。

3:髪の内側、長さの真ん中から毛先に向かって、揉み込むように塗っていく。

4:顔の横側の髪だけでなく、後ろ側の髪も忘れずに塗り広げる。

5:前髪の毛先にも少量塗る。

6:手のひらに残ったヘアオイルを、髪の外側、頭皮に近い位置など全体に伸ばして完成。

注意すべきポイント

ヘアオイルを塗る時は、内側から、そして毛先を中心に揉み込むよう意識することが大切。

頭皮に近い位置や、頭皮に直接ヘアオイルを塗ってしまうと、ベタッとした見た目になってしまう可能性があります。さらに、頭皮がベタついて不快に感じることもあるので、注意しましょう。

また、前髪に塗る時もつけすぎに注意。量が多いと、汗をかいているような不自然な仕上がりになってしまいます。

またヘアオイルがおでこに触れて、肌が荒れてしまう恐れもあるので、少しずつ調整しながら塗りましょう。

次ページ:【朝・夜編】ヘアオイルの活用方法

SHARE