お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

冷静になる方法とは? 冷静沈着な人の特徴

秋カヲリ

冷静な人の特徴って?

ここでは、冷静な人によく見られる特徴を紹介します。

(1)計画的な行動ができる

冷静な人は勢いで決断せず、しっかりと状況を整理してから判断します。

仕事に取り組む時も、何をするか、どういった順番で行うかなどを考えてから計画的に行動します。

そのためミスもあまりなく、安定感があるため周りから信頼されます。評価も高いので、出世しやすいタイプともいえるでしょう。

(2)常に公平な立場を貫く

仕事では派閥などが生まれるケースもありますが、冷静な人は常に客観的な目線を持っているので、公平な立場であろうとします。

そのためどちらかに加担するのではなく、中立的な立場を貫き、仲裁する場面も多く見られるでしょう。

冷静な人は状況を見極める能力が高く、落ち着いて判断できるので、感情的にならず理路整然と話すことでその場を丸く収められます。

(3)原因追及を怠らない

冷静な人は「問題の原因を突き止めたい」と考える気持ちが強く、仕事でのトラブルを放置せずに分析します。

何が悪かったのか、どうすれば改善できるかなどを整理して、今後の仕事に生かすことができるのです。

その際に多くの情報を集めて事実をしっかりと把握するので、正確さを求められる仕事の適性が高く、細かい作業や分析を任されることもよくあります。

(4)感情に任せた判断をしない

相手との意見に食い違いがあった際などには、必要に応じて距離を置き、冷静な判断をしようとする傾向があります。

その場の感情に任せて判断するのを嫌い、ひとまず距離を置くことで、個人的な偏見をできる限り排除しようとするのです。

そのため「冷たい」と思われる可能性もありますが、双方にとってより良い判断ができるようにという気持ちの表れでもあるため、それを誠実さと捉えて信頼を寄せる人も多いでしょう。

次ページ:冷静になるための方法とは?

SHARE