お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「先勝」とはどんな日? 読み方や言葉の意味、避けるべきこと

三上ナナエ(マナー講師)

六曜はあくまで社会生活の潤滑油

いかがでしたか?

六曜は、あくまで社会生活の潤滑油として用いられているものなので、知っておくことは大事ですが、とらわれ過ぎる必要はありません。

なぜ知っておくことが大事かというと、それは自分が気にならなくても相手にとっては大事なことかもしれないからです。

親族や参列者の中には、六曜を大事にしている方がいるかもしれません。関係者と相談して決めることが大事なのです。

知らない言葉に意味に興味を持ち、調べることでさまざまな考え方に臨機応変に寄り添えるようにしていきましょう。

(三上ナナエ)

関連する記事もあわせてチェック!

「先負」とはどんな日? 読み方や言葉の意味、避けるべきこと

「友引」とはどんな日? 読み方や言葉の意味、避けるべきこと

「大安」とはどんな日? 言葉の意味や避けるべきこと

※画像はイメージです

三上ナナエ(マナー講師)

新卒ではOA機器販売会社に入社、5年間販売戦略の仕事に携わる。全日本空輸(株)では客室乗務員として4500回のフライト、チーフパーサー、新人トレーナーなどを経験。また客室部門方針策定メンバーや空港イベント要員に選ばれる。講師歴12年。年間80回以上の企業研修講師、人材育成コンサルタントとして活動。
著書:『「気遣い」のキホン』『会話のキホン』すばる舎
『超一流の小さな気配り』PHP研究所 など

この著者の記事一覧 

SHARE