お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

手のひら返しする人の特徴4つ。されないための対策

大塚統子(心理カウンセラー)

手のひら返しをしやすい人の特徴

手のひら返しをする人には、日常的にコロコロと意見や態度が変わる人もいれば、ある時を境に別人のようになる人もいます。突然のことに、驚いてしまう場合もあるでしょう。

では、どんな特徴のある人が手のひら返しをする傾向にあるのかご紹介します。

(1)気分にムラが多い

気分にムラが多い人は、自分の機嫌によって言うことや態度が変わりやすい傾向にあります。

また、このタイプは感情的になりやすく、思い込みが激しくなりがちでもあります。ささいなことをきっかけに、手のひらを返す場合があるでしょう。

(2)打算的に考える

利害や損得を重視する打算的な人は、自己中心的になりがちです。自分にとって得と判断するものだけを大事にする傾向があるので、「これは損」「これは得」と判断した瞬間に手のひらを返すことも。

また、自分の味方とは親密に関わりますが、敵と見なすと攻撃的に接する場合もあります。立場や関係性の変わり目に、手のひら返しが起こりやすいでしょう。

(3)人の意見に流されやすい

「誰からも好かれたい」「誰にも嫌われたくない」と思っている人は、人の意見に流されやすく、八方美人になりがちです。

誰からも悪く思われないように振る舞おうとして、その場しのぎの受け答えをしやすい傾向があります。

よって、言動に一貫性がなくなり、結果的に手のひら返しになることがあります。

(4)我慢し過ぎる

普段は一貫性がある人が、ある時を境に真逆の態度を取るようになることがあります。

この場合は、それまでに少しずつ我慢をためていて、ついに我慢の限界を超えて爆発した結果、手のひらを返すことになってしまうのです。

次ページ:手のひら返しをしてしまう心理

SHARE