お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

嫉妬する女性の特徴や心理とは? 女同士の嫉妬への対処法

秋カヲリ

「女の嫉妬」と聞くと、遠回しな嫌みや陰湿な嫌がらせのイメージが強く、怖いなと感じますよね。職場に嫉妬深い人がいると、どう対処していいか困ってしまうことも。そこで今回は心理カウンセラーの秋カヲリさんに、嫉妬の感情や男女における嫉妬の違い、嫉妬する女性の特徴や心理、嫉妬深い人への対処法までを教えてもらいました。

よく「女の嫉妬は怖い」と聞きますよね。

中には、嫉妬心から職場で嫌がらせされるなどの怖い思いをする人もいるので、適切な対処法を知っておいた方がいいでしょう。

また、嫉妬心とは男女問わず生まれる感情です。

今回は男女の嫉妬の違いも押さえた上で、嫉妬深い女性の特徴や心理、上手な対処法まで解説します。

そもそも「嫉妬」とはどういう感情?

ここでは、嫉妬という感情がそもそもどういったものなのか、男女の嫉妬にはどんな違いがあるのかを紹介します。

嫉妬とは「相手をねたむ感情」

「嫉妬」とは、自分より優れている相手をねたましく思ったり、恋愛で焼きもちを焼いたりする感情のことです。

単純に「あの人はいいな」とうらやましく思うだけなら問題ないのですが、そのうらやましさに「なんであの人だけ」「どうしてあの人が」といった不満が混ざることでねたましくなり、嫉妬心に変わってしまいます。

嫉妬心は「自分と近しい人」に抱きやすい感情

「女の嫉妬」というと女同士でねたむ状態をイメージしますが、同性に対して嫉妬を感じやすいのは当然のことです。

というのも、嫉妬心は自分と近しい相手に抱きやすい感情だからです。

自分と全く違う相手であれば、「自分は同じ状態になれなくても仕方ない」と納得してあきらめやすく、強いねたみの感情は生まれません。

女性の嫉妬は見えづらく、男性の嫉妬は直接的

女性は非言語コミュニケーションに長けていて、ちょっとしたしぐさや態度から本心を察する能力が男性よりも高いです。

そのため、「表面上は笑顔で取り繕っているのに実際は悪く思っている」といった状況が生まれやすく、遠回しな嫌がらせをするケースも多いため、それが「女性の嫉妬は怖い」と言われる理由になっているのでしょう。

一方男性は、競争心が強く「相手より上に立ちたい」と考える傾向があるので、自分より評価されている相手に対する嫉妬心は女性より強いことも多いです。

男性はストレートなコミュニケーションをするので、言葉で直接嫌みを言ったり、攻撃的な態度を取ったりして嫉妬をあらわにするでしょう。

次ページ:嫉妬深い女性の特徴

SHARE