お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

同僚を「ドキッとさせるLINE」の特徴5つ

浜松まくら(共感系ライター)

職場の同僚からもらったらドキッとするLINEの特徴とは? 共感系ライターの浜松まくらさんに解説してもらいます。

職場恋愛は一体どのようにして始まるのでしょうか? もしかしたら、仕事をする上でのやり取りがだんだんとプライベートな内容にも発展していき、自然と恋が始まっていくのかもしれません。

では仕事の連絡以外に、どのような内容を送ると、同僚をドキッとさせることができるのでしょうか?

気になる同僚との距離を縮めるLINEについて紹介していきます。

気になるあの人はどう思ってる? 「脈あり度」診断

(1)プライベートな話をする

職場の同僚から、仕事以外の話題でLINEがくるとドキッとする人は多いもの。

また、職場で軽く雑談しただけなのに、その話題についてのLINEがくると、「覚えていてくれたんだ!」とうれしくなりますよね。

さらに「実は私も○○に興味あるんです」などと話が膨らむと、より親近感がわいて相手を意識するようになります。

(2)敬語を使わないフランクな口調

特に職場で敬語を使っている場合、「おはよー」というようなくだけた語り口から、ギャップ萌えが生じることがあります。

相手をドキッとさせたい時は、職場とプライベートの場で口調を使い分けてみるのもおすすめです。

(3)2人きりで出かけるお誘い

デートほど本格的なものでなく、例えば仕事の買い出しなどであっても、2人きりの外出を誘うメッセージはドキッとします。

いきなりデートに誘うのは気が引けても、「仕事のことで相談したいことがあるんだけど……」といった切り口なら、2人きりでも誘いやすいですよね。

会社以外の場所で会おうという話になると、ドキドキ感も高まるので、気になる人をぜひ誘ってみてくださいね。

(4)ハートマークを付ける

上手な会話に自信がない、という人でも大丈夫。個別に送るメッセージの末尾にハートマークを添えるだけで「もしかして、自分に好意を持っているのかも?」という気持ちにさせることができます。

ただし、職場の同僚という関係上使いすぎは禁物。

ここぞ、という時にピンポイントで使ってこそ効果が期待できますよ。

(5)励ましの言葉

同僚だからこそグッとくるのは、仕事への応援メッセージです。

職場内外の人間関係、厳しいノルマや期限など、同じ仕事場だからこそ理解できることもあるでしょう。

口頭で言われるのとは別に、改めてLINEでこっそり送られると、ドキッという気持ちとうれしさが生まれます。

仕事とプライベートの区別は意識しよう

人によっては、仕事とプライベートの線引きをキッチリと分けている人もいます。だからこそ、その垣根を揺さぶるようなメッセージやアクションをすることで、相手をドキッとさせることができちゃうんです。職場に気になる男性がいる人は試してみてくださいね。

とはいえ、仕事とプライベートを混在させるのはダメ! プライベートLINEはオフの時に送るようにしましょう!

(浜松まくら)

関連する診断をチェック!

この片思いは実る? 両思い度診断

積極的になれない? 「草食系女子度」診断

脈あり? 脈なし? 好きな人の気持ち診断

※画像はイメージです

※この記事は2021年02月05日に公開されたものです

浜松まくら(共感系ライター)

共感系ライター。過去の恋愛は、一人と長くじっくり派。振られてからの反省も長く立ち直りが遅い、アラフォー独り身こじらせ男性。色々と相談を受けることが多いのに、「いい人ですね」で留まりがち。特に恋愛に繋がることがまずなく、とても哀しい。
この著者の記事一覧 

SHARE