お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

考えすぎる性格をやめたい。不安になる理由と改善法

沼田みえ子

考えすぎることの改善方法

考えすぎはストレスを感じやすいので、「何とか改善したい!」と思う人は多いようです。

そこで、以下の改善方法を紹介します。

(1)運動をする

ウォーキングなど日常生活レベルの運動によって「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが分泌されると考えられているので、考えすぎる原因となる不安感を減らす効果が期待できます。

(2)スケジュールに「考える時間」を入れる

例えば「土曜日の14:00から15:00まで考える時間」とスケジュールに入れておくと、他の日についつい考え始めてしまった時に、「あ、土曜日の14:00に考えるんだった」と、考えることから気持ちを切り替えやすくなります。

(3)小さな成功体験を積み重ねる

例えば失恋経験がある人は、新しい人と付き合う際に「また振られるのでは?」と思うようになるなど、過去の体験を未来に投影する心理パターンがあります。

そのため、過去に失敗した経験がある人は「今回も失敗したらどうしよう?」と過去の失敗を未来に投影し、考えすぎてしまいます。

逆に、小さくても成功体験を積んでいくと、その成功体験が未来に投影されるので、「もしかしたらできるかも」と意識が前向きになりやすく、考えすぎなくなるかもしれません。

(4)考えていることを紙に書き出す

人は分からないものに恐れや不安を抱きやすいものです。そんな時は問題や悩みなど、考えていることを紙に書き出すことで全体像が見え、整理しやすくなり、状況の理解が進むと不安感が減ります。そうすると、ぐるぐる考えることも減ってくるでしょう。

次ページ:すぐに「考えすぎ」な状況から抜け出したいなら

SHARE