お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

何が正解……? 「WEB会議」で印象を良くするコツ

#お仕事ハック

トイアンナ

仕事で大成功を成し遂げたいとか、そんな大それた野望はないけど、なんとなくうまくやりたい。いつもの働き方を小さくアップデートする「お仕事ハック」を紹介します。

今回のお仕事ハックは「WEB会議で印象を良くする方法」について、ライターのトイアンナさんがアドバイス。

WEB会議で印象を良くする方法は?

最近リモートワークをする機会が増え、社内だけでなく社外とのやり取りもオンラインでのWEB会議がメインになってきました。

自宅からの参加とはいえ、社外の人相手だったらジャケットを着用するべきなのか、背景は白でないとだめかなど、悩むことがたくさん! そもそも、WEB会議の正解が分かりません。

WEB会議で相手に良い印象を与えるためには、どんなことを準備したらいいのでしょうか?

こんにちは、トイアンナです。WEB会議って、普通の会議と違う面が多くて戸惑いますよね。

ましてや社外の人とのやり取り、ただでさえ相手のドレスコードが読めないシチュエーションで、さらにオンラインともなれば、戸惑うのは当たり前です。

WEB会議でも基本は対面の時と同じ服装で

まず、WEB会議は基本的に対面の時と同じ服装で臨むのが無難でしょう。しかし、WEBならではのメリットも。上半身さえ整っていれば、下半身はパジャマでもいいのです。

実は私も、講演会などで上半身はかっちりテーラードジャケットできめつつ、下半身はパジャマだったことが。

うっかりビデオをオンにしながら立ち上がるミスさえおかさなければ、「上半身だけフォーマル」でWEB会議ができちゃうのです。

服装よりも顔の明るさと音量を気にしよう

そして、服装よりもWEB会議で気にしてほしいのが「顔の明るさ」です。オンラインでは、現実よりも顔が暗く映ります。そこで役に立つのが、Zoomの自動補正機能。

はい、いきなり残念な顔が登場しましたね。

これは私のパジャマ未加工、すっぴんビデオです。眉毛も半分しかないし、顔にはそばかす。まつエクだけキマっていて、逆に浮いている。この世の終わりです。

しかしこれに、Zoomの自動メイクアップ機能と明るさ補正、さらに明るい背景画像まで加えれば……! ここまで一瞬で改善できます!

さすがに社外の人との会議では髪型を整えるくらいはしたいところですが、メイクの時間はかなり削減できたのでは?

ビデオ設定>ビデオ
ビデオ設定>背景とフィルター>スタジオエフェクト

で、いろいろいじってみてください。えっ、ZoomじゃなくてGoogle Meetで打ち合わせになっていた? ごめんね、照明を買ってください。

そして最後に、声の音量も気にしましょう。声が小さくて聞こえない人、多いです。いつも話すよりもハキハキ、大きな声を意識して話していただくと、WEB会議ではちょうどよくなります。それではWEB会議、頑張ってくださいね!

Point.

・WEB会議でも普段と変わらぬ服装を「上半身だけ」心がけて!
・顔面はZoomなら作れる! 顔を明るく照らして印象アップ
・WEB会議ではいつもよりハキハキ、大きな声で話す

(文:トイアンナ、イラスト:黒猫まな子)

※この記事は2021年01月26日に公開されたものです

トイアンナ

慶應義塾大卒。P&Gジャパン、LVMHグループで合わせて約4年間マーケティングを担当。その後は独立し、主にキャリアや恋愛に関するライターや、マーケターとして活動。著書に『就職活動が面白いほどうまくいく 確実内定』や『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』などがある。

●ブログ「トイアンナのぐだぐだ」
http://toianna.hatenablog.com/

●Twitter
https://twitter.com/10anj10

この著者の記事一覧 

SHARE