お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男の顔にドキッ。男友達に「キュンとくる瞬間」5つ

早咲礼子(仕事系ライター)

男友達だと思っていたのに、なんかときめいてしまっている。そんな女性あるあるな瞬間を、人生経験豊富なライターの早咲礼子さんに解説してもらいました。

ずっと友達だと思っていたのに、急に男性として意識する瞬間ってありますよね。突然、胸がときめいてしまって、自分でも驚いてしまいます。

今回はそんな「男友達にキュンとくる瞬間」を考えてみたいと思います。あなたも共感できる瞬間はありませんか?

気になるあの人はどう思ってる? 「脈あり度」診断

(1)自分ではできないことを簡単にやってしまう時

ワインの栓を開けたり、ビンの蓋を開けたりなど、ちょっと力が必要な作業を、簡単にやってのける姿に、「そういえば異性なんだった……」とキュンとすること、ありますよね。

また、部屋の照明を取り替える時、椅子の上にのぼって取り付けようとしても、うまくバランスが取れなかったりして、一人ではどうにもならなかったのに、男友達に手伝ってもらうと、「はい!」なんて、すぐに作業を終わらせる姿に予告なしのキュン。「異性」を感じてしまいます。

(2)きつい叱責を受けた時

男女に関わらず、愚痴を言い合えるのも友達のいいところです。ところがある時に、「それはこっちが悪いんじゃないの?」と、叱責を受け、ちゃんとその理由を納得がいくまで、丁寧に説明してくれる姿にキュン。

叱られているのに、やっぱり私の一番の味方はこの人か、とうれしくなってしまいます。

(3)庇ってくれた時

いつもは憎まれ口ばかり叩いて、時にはこちらが気にしていることを、遠慮もなく言ってくるのに、他の人から責められ、劣勢に立たされると、急に味方になってくれるスーパーヒーロー的な姿にキュンとします。

「いやいや、彼は自分の意見を言っただけで、そういうことではないから」と恋する気持ちを自分でなだめます。

(4)楽しい時間を過ごした時

お互いにお付き合いしている人がいないなら特に、二人で気軽に映画や食事にでかけることもありますが、その時間があまりに楽し過ぎて、帰り際にキュンとすることはありませんか。こんなに楽しいのなら、恋人としてもうまくやっていけるのではないかと。

(5)彼女ができたと言われた時

今まで仲が良くて、一緒に出かけることも多かった男友達から、「彼女ができた」と言われると、なぜか胸がキュンとして、その後締め付けられるようにつらくなります。

「あれ、私はこの人を異性としてみていたのか」と考えると、眠れなくなってしまいます。

永遠の課題はそう簡単には解決できない

心から信頼できる友達と思っている相手が、たまたま異性だっただけだと考えると、「男友達」であっても、それほど違和感はありません。でも、時々、つき尽きられる胸のときめきは、どう説明していいのか、自分でも悩ましいところです。

「男女間の友情はあるのか」という課題は、きっと一生かかっても解決できそうにありません。

(早咲礼子)

※画像はイメージです

関連する診断をチェック!

この片思いは実る? 両思い度診断

積極的になれない? 「草食系女子度」診断

脈あり? 脈なし? 好きな人の気持ち診断

早咲礼子(仕事系ライター)

大手IT企業で営業企画を担当、マネージャーとしても活躍した経験を持ち、それを生かして仕事に関するアドバイスなどを執筆するコラムニストに転身。年の功を生かしてたまーに恋愛のアドバイスも!

この著者の記事一覧 

SHARE