お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

それどこで覚えたの? 彼が影響を受けた「女」4選

浜松まくら(共感系ライター)

 

男性の中での「女性像」が生まれるまでには、きっと多くの女性との関わりが関係してきていることと思います。

彼に対して、「それ誰に教わったの?」「なんでこんな時の女心が分かるの?」とびっくりしたことはないですか?

彼に大きな影響を与えてきた「あなたの知らない女」とは? ちょっと探ってみましょう。

強いor全くない? あなたの執着心診断

(1)母親

やはり影響力が大きいのは、肉親である母親でしょう。だって、彼が初めて会った女性です。

 

母親がしてくれたこと、母親がしていたことを、彼があなたにも求めていると感じた瞬間はありませんか?

彼の中での常識も、普通も母親が築いてくれたものなのです。彼女目線では、あまりそれを求められ過ぎても困ってしまいますよね。

(2)姉や妹

姉や妹がいる男性といない男性とでは、考え方などが少し変わってくることもありそう。なぜなら、幼少期からずっと長く一緒にいる存在の影響をきっとどこかで受けているから。

姉や妹がいる男性の場合、必要以上に女性に幻想を抱くことは少ないようですよ。

例えばランジェリーや生理といった女性特有の話題に触れたとしても、顔色を変えず比較的スマートに接してくれるはず。

(3)女性の先生

小さい頃の教育は、大人になっても影響を与えるもの。家以外の場所で長時間接する大人の女性といったら、幼稚園や小学校の女の先生ではないでしょうか。

「異性」として意識したことはあまりないでしょうが、先生の所作や考え方などは自然と影響を及ぼしているものです。

(4)元カノ

男女の恋愛観のちがいを「男性は名前を付けて保存、女性は上書き保存」と表現する人もいます。女性は最新の彼氏にしか興味がないのに対して、男性は過去の彼女のことが頭に残りがち。

でも、決して悪気があったり、浮気心があったりする訳ではないんですよ。

だけど、元カノとの思いでは彼の中で大切に残っており、また影響を受けているはずです。

2人で新しい価値観を

もし彼氏が「女性とはこういうものだから、あなたも◯◯なんでしょう」と偏見を持っているのなら、要注意です。それは過去に出会った女性のイメージを強く持ちすぎている証拠。

少しずつ話をしながら、2人で新しい価値観を築いていけたらいいですね。

「女性だから」という括りではなく、「あなた自身」のことを彼に教えてあげてください。

(浜松まくら)

※画像はイメージです

関連する診断をチェック!

二股できちゃう? あなたの浮気度診断

彼、遊んでない? モテる男度診断

束縛してない? あなたの嫉妬深さ診断

※この記事は2021年01月22日に公開されたものです

浜松まくら(共感系ライター)

共感系ライター。過去の恋愛は、一人と長くじっくり派。振られてからの反省も長く立ち直りが遅い、アラフォー独り身こじらせ男性。色々と相談を受けることが多いのに、「いい人ですね」で留まりがち。特に恋愛に繋がることがまずなく、とても哀しい。
この著者の記事一覧 

SHARE