お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【難読】“しおうめ”じゃない! 「塩梅」の正しい読み方

ななしまもえ(芸術系ライター)

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「塩梅」の読み方です。

“しおうめ”? “えんばい”? なんか酸っぱそうだけど、たぶんそんな読み方じゃない! そんな葛藤をしたら、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

「塩梅」の読み方は?

塩素、塩味などの言葉に使われる「塩」という漢字。一般的には、“えん”、“しお”という読み方をする人がほとんどだと思います。「梅」という漢字は、青梅、紅梅のように使われるので、“うめ”、“ばい”と読む人が多いのではないでしょうか。

しかし、2つが合わさると“えんばい”、“しおうめ”とは読まずに、違う読み方になります。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“あんばい”と読みます。

「塩梅」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「塩梅」の意味は以下のように解説されています。

あん‐ばい【▽塩梅/×按排/×按配】
[名](スル)《味の基本である塩と梅酢の意の「えんばい」と、物をぐあいよく並べる意の「按排」とが混同した語》
1 料理の味加減。「―をまちがえて、食べられたものではない」

2 物事のぐあい・ようす。「いい―にメンバーがそろっている」

3 身体のぐあい・ようす。「―が悪いので仕事を休む」

4 (按排・按配)物事のぐあい・ようす・程合いを考えて、程よく並べととのえたり処理したりすること。「文化祭での出し物の順をうまく―する」

つまり、具合や様子という意味合いで使います。

もともとは、“えんばい”と読み、「塩と梅酢」という意味で使っていました。当時はまだ、食酢がなかった時代でしたので、料理の味付けは、塩と梅を漬けた時にできる梅酢。料理の味はその塩と梅酢で決まっていたため、「料理の加減が良い」ということを「塩梅がいい」と言い始めたのだそう。

これが転じて“あんばい”と読むようになり、「物事の具合や様子」という意味になったとされています。

読み方は難しいのですが、「いい塩梅だね」なんて言葉を聞いたことはないでしょうか。

読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「塩梅」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。聞いたことがある言葉も、由来を知らないと漢字をイメージできないものもありますよね。

本来の漢字の読み方と違う言葉は、由来も一緒に調べてみると、古の人たちの食生活まで学べて興味深いですよね。

(ななしまもえ)

ななしまもえ(芸術系ライター)

漢字の形の美しさに惚れ込む元ダンサー。漢字はダンスで表現できると信じている。サッカー好きで一時はレッズの追っかけをした経験もあり。おっとりしているが、サッカーの話になると早口で熱くなる。3代続く正真正銘の湘南ガール。

この著者の記事一覧 

SHARE