お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【難読】”さちさき”じゃない! 「幸先」の正しい読み方

ななしまもえ(芸術系ライター)

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「幸先」の読み方です。

“さちさき”?  “こうせん”? いやいや、違和感しかない! そんな葛藤をしたら、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

「幸先」の読み方は?

幸運、山の幸などの言葉に使われる「幸」という漢字。一般的には、“こう”、“さち”という読み方を覚えている人がほとんどでしょう。「先」はそのまま“さき”や、先頭、先端という言葉に使われているとおり、“せん”と読んでいる人が多いのではないでしょうか。

しかし、この二つを組み合わせても、?さちさき?や ?こうせん?とは読みません。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“さいさき”と読みます。

「幸先」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「幸先」の意味は以下のように解説されています。

さい‐さき【▽幸先】
《「さい」は、「さき」または「さち」の音変化》

1 よいことが起こる前兆。吉兆。

2 事を始めるときに当たって何かを感じさせる物事。前兆。縁起。「幸先がいい」「幸先がわるい」

つまり、物事の始まりにおける良い兆しを表す、前兆、前触れという意味合いで使います。

「幸い」と書いて、“さいわい”と読みますよね。“わ”はないので、同じではありませんが、それに近い読み方です。

ニュースなどで「幸先のいいスタートを切りました」なんて言葉を聞いたことはありませんか? さまざまな場面で多用する言葉の一つですよね。

読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「幸先」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。「幸先」なんてとても縁起がいい言葉なので、うまく使いこなせたら便利ですよね。

耳にする機会が多い言葉は、聞き流さずにしっかりと認識して、ついでに漢字も覚えておきたいですね!

(ななしまもえ)

ななしまもえ(芸術系ライター)

漢字の形の美しさに惚れ込む元ダンサー。漢字はダンスで表現できると信じている。サッカー好きで一時はレッズの追っかけをした経験もあり。おっとりしているが、サッカーの話になると早口で熱くなる。3代続く正真正銘の湘南ガール。

この著者の記事一覧 

SHARE