お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

自分より年収が高い彼女ってあり? 男性の本音

ラブホの上野さん

働き方も、恋愛も、生活様式も、全てのあり方が少し前とは違う令和の今。数えきれない変化の裏にある「新マネーハック」を、さまざまな分野の専門家たちがお悩み回答形式で紹介します。今回の回答者は、コラムニストのラブホの上野さん。

今回のお悩み「彼氏より年収が高い彼女ってありですか?」

それなりに仕事を頑張ってきた私。同年代と比較すると年収はかなり高い方だと思います。そこで1つネックになるのが、実は彼氏よりもお給料を多くもらっていること……。2人でお金の話をすることは少ないのですが、話さない分相手がどう思っているか、かなり気になります。男性にとって「自分よりも年収が高い彼女」はぶっちゃけ、ありですか?

ご質問誠にありがとうございます。

恋愛指南本などで「男性は自分よりも年収が高すぎる女性は嫌」という意見がもっともらしく語られることがありますが、こんな男性は良くも悪くも極めて少数派でしょう。

どう考えたってお金はあるに越したことはないのです。彼女の年収が低すぎて困ることはあっても、彼女の年収が高くて困ることなど御座いません。

しかし現実的に今回のご質問者様のように年収が高い女性は「自分の年収が高すぎるせいで、男性に引かれてしまった」と感じることがあるでしょう。

それではなぜこのような相違が生まれてしまうのでしょうか?

「高収入の男性はなぜモテるのか」に潜むヒント

一般的に男性は年収が高ければ高いほどモテる傾向が御座います。それは一体なぜでしょうか?

そんなもの、どう考えたって高収入の男性と付き合うことにメリットがあるからに他なりません。

年収1億円の男性と結婚すれば、彼女の年収は0円でもかなり豪華な暮らしをすることが出来るでしょう。お手伝いさんを雇うことだって出来るでしょうし、都心のタワーマンションに住むことだって出来ます。

そういったメリットを男性が与えてくれるからこそ、高収入の男性はモテるのです。

つまり高収入の男性がモテるのは、彼らがその経済力を恋人に還元しているから、です。

その証拠というわけでは御座いませんが、年収1億円になろうとも、極端にケチな男性は一切モテないのです。

自分にメリットを与えてくれるからこそ、相手のことを好きになる。これほど簡単な理屈は御座いません。

男性だって女性だって条件は同じ

それではご質問者様の場合はどうでしょうか?

ご質問者様が彼氏様より稼いでいるのはいいとして、ご質問者様の資産は彼氏様にとって何かしらのメリットとなっているのでしょうか?

もしも何かしらのメリットになっているのであれば、きっと彼氏様はご質問者様が高収入であることに嫌悪感を示すどころか、むしろ大喜びをされることでしょう。

しかし今回のご質問者様は「実は彼氏よりも収入が多い」と仰っていることからも、自分の年収が相手より高いことを隠しているのではないでしょうか。

それはつまり、彼氏様に何も経済的なメリットを与えていないということ。ですので、彼氏様目線で見れば、ご質問者様が高収入であるメリットは何1つ存在していないのです。

稼いだお金を還元するかどうかは個人の自由ですが、「女性は男性よりも多くお金を出してはいけない」なんてルールはどこにもありません。

「性格の悪い金持ち」なんて嫌われるに決まってるじゃん

男性であれ女性であれ、基本的に金持ちは嫌われます。

自分がお金に困って苦しんでいるにもかかわらず、隣で贅沢な暮らしをしている人がいれば憎まないはずがありません。

悪いことをしていようがしていなかろうが、貧乏な人からすれば金持ちは憎いのです。

「私は努力をしたから稼いでいる。貴方も努力をすればいいじゃない」などと言い出さないとは思いますが、もしもそう言い出しそうになったのであれば、それは心に留めておいた方がいいでしょう。

それが事実かどうかなどはどうでもいい話。重要なことはそれを口にした瞬間に、世界の9割から嫌われるということで御座います。

問題なのは、金持ちという事実ではなく、そのスタンスや態度であるということを勘違いしないよう心がけましょう。

女性ほどではないにせよ、男性だってパートナーの経済力があるのであれば、それに越したことはないと思っているのは間違いありません。

令和のマネーハック10

男性にとって「彼女の年収が高くて困ること」なんてない。「男性より稼ぐ女性は嫌われる」なんて昭和や平成の都市伝説! ただし、横柄な態度にはご注意を。

(文:ラブホの上野さん、イラスト:itabamoe)

ラブホの上野さん

都内某所のラブホテルスタッフ。

自分のホテルの売り上げを増やすためにラブホテルへの誘い方をツイッターで伝授していたところ、そのテクニックが話題になり漫画原作やコラムの執筆をすることになる。

漫画『ラブホの上野さん』原作。恋愛コラムライター。某ラブホテル店長。

この著者の記事一覧 

SHARE