お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ちょっと意外? 男性のプライドを傷つける一言5つ

やうゆ(恋愛コラムニスト)

男性と会話する時、気を付けるべきことは押さえておきたいもの。今回は、「男性のプライドを傷つける一言」を恋愛コラムニストのやうゆさんに教えてもらいました。

女性が思っているよりも、男性はプライドが傷つきやすいもの。何気ない一言をずっと気にしてしまうなんてこともあります。

そこで今回は「男性のプライドを傷つける一言」について、男性目線でお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

(1)「女子っぽいところあるね」「かわいい」

男性の中には、男らしく強い存在でありたいと思っている人も多いです。

そんな男性に対して、「女子っぽいところあるね」「かわいい」と言ったら、プライドを傷つけられたと思い、たとえ褒めたつもりでも良い顔をしないでしょう。

(2)「おしゃれに興味なさそう」

「おしゃれに興味なさそう」と言われると、遠回しに「ダサい」と言われているように感じ、プライドが傷つく男性もいます。

彼のファッションを見てそう思ったとしても、傷つけないために言わないようにしましょう。

(3)「私たち仲良い友達だよね」

「私たち仲良い友達だよね」と言われると、恋愛対象外だということを突き付けられているようにも思います。

異性として見られていないと感じ、男性のプライドは傷ついてしまうはずです。

女性が何の気なしに言ったとしても、男性側は重く捉えている可能性があるので、注意しましょう。

(4)「その収入で生活できるの?」

お金に関する一言もウケが悪いです。

あまり言う人はいないと思いたいですが、「その収入で生活できるの?」などと聞くと、だいぶプライドが傷つきます。「余計なお世話だよ!」と言いたくなり、「人としてないな」と思われてしまう可能性もありますよ。

(5)「モテなさそう」

どんな言葉よりも「モテなさそう」と言われるのがつらいという男性も多いです。

この一言で、プライドが傷つくのはもちろん、自身の人間性を否定された気持ちになることもあります。たとえ冗談でも言わない方が良いでしょう。

男性の気持ちを理解しよう

男性は、男らしさや個性を否定されると、プライドが傷ついてしまうことがあります。また、遠回しに恋愛対象外だと思わせるような言葉や、お金に関する一言も気を付けましょう。

ぜひ頭の片隅に入れておいてくださいね。

(やうゆ)

※画像はイメージです

※この記事は2020年11月28日に公開されたものです

やうゆ(恋愛コラムニスト)

ブロガー・コラムニスト。マッチングアプリで300人の女性と出会った経験を元に、ブログ「やうゆイズム」を開設。
モテたい男性・愛されたい女性に役に立つ情報を発信している。好きな女性のタイプはヤリマンで、嫌いな女性のタイプは20歳過ぎてフリフリ靴下を履く人。
公式ブログ:https://www.yauyuism.com/
運営サイト:https://lovefeed.jp/
この著者の記事一覧 

SHARE