お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

本当の優しさって何? 優しい人になるには

ラブホの上野さん

耳障りの良いことを伝えるのも優しさ

少なくともその太った男性に対して「優しさ」を持っていたのは、健康面のことを考えていた方々でしょう。

しかし、結果を考えて彼に対して優しさを施していたのは、彼の健康のことなど何も考えていなかった女性であったと思います。

なぜならば、彼のことを心配して彼らがどれだけ必死にダイエットのアドバイスをしたとしても、その太った男性はきっとダイエットなどしないから。

つまり、彼のためにアドバイスをしていた彼らは、ただただ彼に対して耳の痛いことを言って傷つけたくせに、彼の人生を何一つ変えられませんでした。

一方で、彼に対して「そのままでいいよ」と適当なことを言った彼女は、確かに彼の人生を良い方向には変えていないものの、彼に耳障りの良いことを言って、少なくともその瞬間は彼を幸せにしたのです。

どの道、人生が何も変わらないのであれば、せめてその瞬間だけでも幸せにしてあげることこそが優しさともいえます。

どうせ亡くなる運命の難病患者に「大丈夫だよ」と耳障りの良いことを言うのが優しさだと感じることがあるように、どうせダイエットをしないのであれば、せめて「痩せなくてもいいよ」と言うのが優しさなのかもしれません。

次ページ:「甘やかすだけ」「厳しいだけ」は優しさではない

SHARE