お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【ソウルナンバー11】性格・恋愛傾向・相性・適職・芸能人【2022年の運勢】

ソウルナンバー

伊藤マーリン(占術家)

ソウルナンバー11の仕事運

ソウルナンバー11の人は、鋭い直観力と繊細なハートの持ち主。よって、仕事でも緊張感のある職場や騒々しい職場は苦手です。人と競争することに抵抗があるので、営業力や交渉力が必要な仕事には向いていません。

逆に、マイペースに取り組める仕事や、独特の感性と美的センスを生かせる仕事に就くと、意欲的に働くことができそう。技術職や職人など、特技を生かせる仕事もおすすめです。

ただし、その場合は信頼できる仕事のパートナーが必要です。ソウルナンバー11の人が苦手な部分をサポートしてくれるビジネスパートナーを見つけると良いでしょう。

ソウルナンバー11の適職は?

そんな仕事運を持つソウルナンバー11の人には、どんな仕事が合っているのでしょうか?

(1)ファッション・美容関係の仕事

持ち前の美的センスを生かせる職業に適性があります。特に、人々を美しく輝かせるファッション・美容関係の仕事がおすすめです。

(2)動植物に関する仕事

動物や植物に関わる仕事も良いでしょう。それらの成長を目の当たりにすることが、働くことの喜びにつながります。

(3)作家

競争が苦手なあなたにとって、人間関係のしがらみが少ない作家の仕事は最適。自分のセンスと個性をとことん磨いて、独自の世界観を生み出しましょう。

ソウルナンバー11の金運

ソウルナンバー11の人は、物質的な豊かさよりも精神的な豊かさを求めるところがあります。物欲はあまりありませんが、旅行や観劇など、感動をくれるものにお金を使います。心を潤してくれるものには投資を惜しまないので、知らぬ間にお金を使い過ぎてしまうこともあるでしょう。

また、精神的な豊かさを重視するあまり、「お金を稼ぐこと」を毛嫌いする傾向があります。即物的で金銭的なものを敬遠し過ぎて、逆に金銭面が不安定になる恐れもあるので注意してください。

「お金が全て」ではありませんが、「お金が悪」というわけではありません。「お金は生きていくためのエネルギー」だと前向きに考えれば、お金と上手に付き合うことができるでしょう。

▶次のページでは、ソウルナンバー11と相性が良いナンバー・悪いナンバーを解説します。

次のページを読む

SHARE