お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【ソウルナンバー7】性格・恋愛傾向・相性・適職・芸能人【2022年の運勢】

ソウルナンバー

伊藤マーリン(占術家)

ソウルナンバー7の仕事運

探究心が旺盛で勉強熱心なソウルナンバー7の人は、仕事ができるタイプです。責任感も強いので、職場での人望も厚くリーダーとしての力も発揮できるでしょう。

ただ、洞察力が鋭い分、仕事で関わる人が多いと気苦労が増えそう。あっちに目配り、こっちに気配り……という状況が続くと、精神的に疲れてしまいます。職場の人間関係に振り回されないよう、自分なりのルールを決めておくといいでしょう。

また、知識と経験に自信があれば、独立して一人で仕事をするのもおすすめです。自分の興味がある分野をとことん追究すれば、その道のプロとして活躍するチャンスもありそう。

ソウルナンバー7の適職は?

そんな仕事運を持つソウルナンバー7の人には、どんな仕事が合っているのでしょうか?

(1)教える仕事

得意分野を究めたソウルナンバー7の人は、コンサルタント・アドバイザー・インストラクターなどの「人に教える仕事」が向いています。

(2)マーケティング関連の仕事

探究心と分析力を持っているので、数字を元に現状を深く分析するマーケティングやリサーチの仕事に適性があります。

(3)研究者・専門家

興味のある分野を徹底的に追求する能力があります。豊富な知識や情報を生かせる研究者や専門家の仕事が向いています。

ソウルナンバー7の金運

ソウルナンバー7の人は金運に恵まれています。仕事熱心で職場での評価も高いので、それに伴って収入も高くなるでしょう。

ただ、探究心が強いので、自分の好きなことや興味のあることへの出費が多くなりがちです。専門分野を追究するために大学院へ進学する、資格や技術を習得するために専門学校に通うなど、知識や技術を磨く勉強への投資は惜しみません。また、趣味やライフワークに大金を投入することもあるでしょう。

自己投資をする場合は、借金をしたりローンを組んだりすることを前提とせず、できるだけ自分の貯金で賄うようにしましょう。また、いざという時のために収入の一部を貯金して、簡単に使えないように分けておくと安心です。

▶次のページでは、ソウルナンバー7と相性が良いナンバー・悪いナンバーを解説します。

次のページを読む

SHARE