お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【ソウルナンバー3】性格・恋愛傾向・相性・適職・芸能人【2022年運勢】

ソウルナンバー

伊藤マーリン(占術家)

ソウルナンバー3の仕事運

ソウルナンバー3の人は、革新的なアイデアに満ちています。「自分を表現したい」「クリエイティブでいたい」という情熱を仕事にぶつければ、ビジネスの世界で成功することも夢ではありません。

特に、頭の中のイメージを具体的な形にする業種を選ぶと、楽しみながら仕事に取り組めるでしょう。さらに、自分が頑張った仕事の成果を多くの人達に喜んでもらえると最高。ユーザーの前向きな評価が、仕事を頑張る原動力になります。

ソウルナンバー3の適職は?

そんな仕事運を持つソウルナンバー3の人には、どんな仕事が合っているのでしょうか?

(1)デザイナー

クリエイティブな職種が向いています。アートやデザイン関係など、イメージを形にする仕事で才能を発揮できるでしょう。

(2)料理人

ソウルナンバー3の人のクリエイティブな感性を生かすなら、料理人も適職です。自分が作った料理を食べた人が喜んでくれるとやりがいを感じ、より仕事に熱中していきます。

(3)タレント

楽しいことが大好きなので、人を楽しませる仕事にも向いています。タレント・歌手・ダンサーなど、自らを表現する芸能関係の仕事も適職です。

ソウルナンバー3の金運

楽観的で楽しいことが大好きなソウルナンバー3の人は、ダイナミックな金銭感覚の持ち主。ケチケチするのは大嫌いで、「たくさん稼いで、たくさん使う」ことを実践します。

あまり物欲はありませんが、旅行やライブなどワクワクするような体験への投資は惜しみません。趣味やレジャーにお金を使うことも多いでしょう。それが元気の源であり、仕事を頑張る原動力でもあるので、我慢し過ぎると金運が下がってしまいます。

また、普段から人にプレゼントをしたり、おごったりと、人を喜ばせるためにお金を使う機会も多いでしょう。お金を循環させることで、人との縁が強くなったり、広がったりする効果があるので節度を持って続けていきましょう。

▶次のページでは、ソウルナンバー3と相性が良いナンバー・悪いナンバーを解説します。

次のページを読む

SHARE