お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

スポットライト症候群って何? 当てはまる人の特徴と対処法

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

スポットライト症候群に当てはまる人の特徴7つ

ここではスポットライト症候群の特徴を解説します。貴女に当てはまるものはあるでしょうか。チェックしていきましょう。

(1)注目を浴びるのが快感だ

大きな特徴です。

スポットライト症候群は「目立ちたがり」に表れるものだといえるでしょう。

人前に出たときの高揚感や快感を忘れられないのですね。ある種、ジェットコースターのようなドキドキが体に染み付いているわけです。

その癖は日常生活の中にも表れます。話題の中心になるのが大好物です。ずっと注目を浴びるために、周囲へ惜しみないサービス精神も発揮するでしょう。

(2)気付けば過去に浸っている

ふと思い出に浸ってしまいます。

過去の栄光。言葉にすればそれまでですが、やはりキラキラした世界を忘れられないわけです。あまりにリアリティがあるために(現実だったわけですから)。それが現在を生きる気力になっている人もいることでしょう。

もちろん過去を振り返ることは誰にだってあります。しかし、何度も何度も思い出に浸ってしまうならば、スポットライト症候群かもしれません。

(3)カムバックしたらどうなるだろうと想像する

上にも関係します。

その過去の想像は「カムバックしたら受け入れてもらえるんじゃないだろうか?(またキラキラできるんじゃないだろうか)」というアイデアにつながりやすいのです。

実際にカムバックする人物もいますよね。結果は人それぞれでしょう。成功するパターンもあれば、失敗するパターンだってあります。戻った先でどうなるか――それは貴女次第でしょう。

(4)若手や目立っている人に嫉妬する

現在、目立っている人に嫉妬するようになります。

特に若手に対して感じることでしょう。自分にない「若さ」を持っているからです──求めてやまないものですよね。

さらに「嫉妬するジャンルは問わない」という特徴もあります。

過去に俳優だった人が、スケート選手に嫉妬することもあります。なぜなら俳優であることよりも「目立っているか」が基準だからです。大ざっぱにいうと、目立っている人物は誰だって「ライバル」というわけです。

(5)マイナスな側面でも目立とうとする

目立ちたがりは過剰に表れます。

その典型例が、わざとトラブルを起こす迷惑行動。エスカレートするわけですね。注目されるために(目立ちたくて)手段を選ばないのです。

しっかり成果を出して注目されるのではありません。もはや無理やり注目を集めようというわけです。

わざとスキャンダルを起こして名前を売る芸能人のように。少々、反感を買うことにもなるでしょう。キラキラした人生を取り返そうと暴走し、悪目立ちすることさえも快感になってしまうのです。

(6)現在の自分が無価値に思える

訳もなく喪失感や虚脱感に襲われます。

今の自分が「本当の自分でない感覚」かもしれません。どこか抜け殻のような感覚が拭えないのですね。

それもこれも「目立つかどうか」が人生の基準だから。

周りにちやほやされない以上、その人生はダメなのです。つまらないものに感じてしまうのです。華やかなパーティーや大勢での飲み会の後、ふと家に戻ったときの寂しさ、あの最上級だというと分かりやすいでしょうか。

(7)過去の友人に会うのを避けがち

キラキラしていたときの友人知人に会うのを避けたくなります。

過去の自分から逃げるように。後ろめたさや恥ずかしさ、コンプレックスを感じるから──感じることになると知っているからです。現在の自分に自信がないわけですね。自分を認められない以上、堂々と顔を見せられないのです。

身近な例でいえば、同窓会に顔を出せない、といった感じでしょう。

次ページ:スポットライト症候群との向き合い方

SHARE