お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 出会い

ボケ&ツッコミで合コンを攻略せよ #合コン幹事の上野さん【経営者編・第1章】

ラブホの上野さん

大人気恋愛コラムニスト・ラブホの上野さんが「合コン幹事」となり、毎回異なる職業の男性2名:女性2名の合コンに同席! 主に女性メンバーの言動を観察しながら「OKポイント」と「NGポイント」を解説します。

最近ではマッチングアプリの台頭などもあり、めっきりその数を減らした合コン。

しかし、合コンでの会話術やテクニックは合コン以外の恋愛でも応用可能なのは間違いありません。

というわけで今回はマイナビウーマン編集部のたかはしさん&あーりんさんの合コンに幹事として同席し、そのあとに私が働くラブホのスタッフルームで反省会。ダメなポイントとよかったポイントを分析させていただきました。

今日の合コン、録音しておきました。改めてこれを聞いて私たちのダメだった部分とよかった部分を教えてください。
相手の男性たちにはそのことを伝えているので安心してください。
ありがとうございます。それでは、今日の合コンの反省会をしましょう。
よろしくお願いします。

今回の戦場

Koru Takanawa Gateway Hostel, Café&Bar
東京都港区高輪2-6-7

1階はCafé&Bar、2・3階はドミトリールームと個室を用意した宿泊施設。泉岳寺駅から徒歩8分、3月に開業する「高輪ゲートウェイ駅」から徒歩5分。

今回の合コンメンバー

小柳津林太郎
38歳。言わずと知れた『バチェラー・ジャパン』シーズン2に出演した2代目バチェラー。新卒で入社したサイバーエージェントで幹部を務め、アメリカ子会社の立ち上げを牽引。2019年に独立し、株式会社GHOSTを起業した。

熊田勇太
25歳。2010年代にネットで話題になった、中学生4人組のプリクラ「チャリで来た」右上の人物。現在はイケメンシェフとしてテレビなどに出演し、今年から株式会社GHOSTの子会社Fuego代表取締役として飲食事業を経営。

たかはし/マイナビウーマン編集部
29歳。コスメオタク。今気になっているジャニーズグループはSnowMan。好きなタイプは円周率100桁言える人。

あーりん/マイナビウーマン編集部
27歳。群馬の秘境から上京。今気になっているジャニーズグループはSixTONES。好きなタイプはとにかく高学歴。

ツッコミ上手はモテ上手

小柳津「カンパーイ! それじゃあ、とりあえず自己紹介からはじめましょうか」

たかはし「はーい」

小柳津「んじゃ、僕からいきます。そっちのほうが楽ですよね」

あーりん「お願いします!」

小柳津「小柳津林太郎、38ちゃいです☆」

たかはし&あーりん「!?」

熊田「出した(爆笑)。すぐ出す(笑)」

小柳津「僕は去年の2月までIT企業で働いていて、半年くらいニートしてて……あ、結構稼いでるニートだったんですけど(笑)、いろいろあって起業して、今では飲食×ITの企業をやってます」

あーりん「あーりんです。私はマイナビウーマンの編集部で働いてます」

大チャンスを逃していますね……。
え……?
ここまでで何かダメなところありました?
ダメというよりはもったいないポイントです。小柳津さんからの好感度を爆上げするチャンスがあったのに、2人ともそれをみすみす見逃しているんですよ。ポイントになったのはココです!

小柳津「小柳津林太郎、38ちゃいです☆」

これが重要なんですか!?
めちゃくちゃ重要です。小柳津さんは場を盛り上げるために、わざとボケたんです。熊田さんのリアクションからしても、これは小柳津さんの鉄板ネタだったんでしょう。
ふむふむ。
要するに、小柳津さんは2人に笑ってほしくてこんなことを言ったんですよ。それなのに、そのボケを2人がスルーしてしまったら、こんなに悲しいことはありません。ツッコミ不在の漫才みたいになってしまっているんです。
なるほど……。
ですので「小柳津林太郎、38ちゃいです☆」に対しては「ずいぶん大きな子どもですね(笑)」とか「林太郎くん、自己紹介がきちんとできて偉いねー」というようなツッコミをするべきでした。
その発想はなかったし、なんだったら若干引いちゃってました。
露骨にボケる男性は、女性からのツッコミを待っているんです。ですので、こういったボケにツッコミを入れることで、その男性からの好感度は格段に上がります。
でも、初対面の男性にツッコミをするのってハードルが高くありませんか?
ハードルが高いのは認めます。特に今回の場合、社会的地位でも年齢でも小柳津さんのほうが上ですからね。あーりんさんやたかはしさんの立場からツッコミが難しいのは間違いありません。
完全に対クライアント目線で対応してました。
特にあーりんさんの場合、年上のたかはしさんもいる手前なかなか難しいでしょう。ですのでツッコミ以外でボケを活かす方法も解説させていただきます。ポイントは「同じボケをする」です。
同じボケをする?
難しく考えないでください。タイミングを見計らって小柳津さんがしたボケとまったく同じボケをすればいいだけです。今回の場合であれば、こんな感じで返せばよかったでしょう。

小柳津「小柳津林太郎、38ちゃいです☆」

(中略)

あーりん「あーりん、27ちゃいです☆」

こんな感じですね。
なるほど!
この場面に限らず、小柳津さんは会話中にボケを入れてくるタイプの方でした。こういう男性は少なくありませんが、ボケを言う人間にとってもっともつらい展開は「ツッコミ不在」なので、相手がボケたらきちんとツッコミを入れてあげるといいでしょう。
わかりました!
それでは次の場面を見てみましょう。
次ページ:気まずいときはボケて回避

お役立ち情報[PR]