お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【男女別】意外と知らない。厄払い・厄除けの服装マナー

水野久美(フリーライター)

厄払い・厄除けの服装に決まりはあるのか?

厄払い・厄除けの祈願を受ける際、一般的に服装の決まりはないそうです。

西新井大師の場合、普段着でもOKとのこと。ただし、極端に肌を露出した衣装や、カジュアルすぎる服装は失礼にあたるので避けましょう。

神社やお寺によっては、「平服でお越しください」「華美な服装は避けましょう」といった案内をしている場合もあるので、ホームページや電話で事前に確認しておくのが得策です。

たとえ服装に規定がなくても、神様や仏様に敬意を示す自分の気持ち次第。男性ならスーツやジャケット、女性ならワンピースやジャケットを着用すれば気持ちも引き締まるはずです。

厄払い・厄除けにNGな服装は?

厄払い・厄除けの服装マナーで注意すべきポイントとは? 素朴な疑問お答えいただきました。

礼服で参加すべき?

礼服を用意すべきかと悩む人もいるかもしれませんが、厄払い・厄除けの場合、基本的にはきっちりとした礼服や正装でなくてもよいそうです。

ただし、神社やお寺によってルールが異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

それでも不安な場合は、男性ならスーツまたはジャケットを、女性ならシックなワンピースやジャケットを着るのが無難です。

夏にサンダル、冬にブーツはあり?

神社やお寺によっては、靴を脱いで本殿や本堂に上がってご祈願を受ける場合があります。

サンダルの場合、素足で上がるのは失礼にあたるので避けましょう。夏でも靴下やストッキングの着用がマナーです。

冬のブーツは問題ないものの、脱ぎ履きしにくいものは周囲の人に迷惑をかける場合も。本殿や本堂に上がる場合は配慮して臨みましょう。

ジーンズ、ノースリーブはあり?

西新井大師の場合、ジーンズでの参加もOKだそうです。

ただし、カジュアルすぎる服装だと断られてしまう神社やお寺もあるので、事前に確認が必要です。

また、ノースリーブは避けたほうが無難です。極度に肌を露出したキャミソールや短パン、ミニスカートもNG。全身真っ赤など、派手な色づかいの洋服も避けましょう。

アクセサリーを付けるのは?

アクセサリーがNGという決まりもないそうです。

ただし極度に派手なものや、ジャラジャラと大きな音がするようなものは避けましょう。なるべく品のいい小ぶりのものがオススメです。

帽子やマフラー、手袋などの小物は、ご祈願が始まる前の待合所などで外しておきましょう。

次ページ:【男女別】理想的な厄払い・厄除けの服装

SHARE