お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 人間関係

職場で「誰も信じられない」時に絶対やってはいけないこと

トイアンナ

「職場の人が誰も信用できない」と悩んでいる人、多いのではないでしょうか? そんな時の対処法や、絶対にやってはいけないことを外資系会社出身のトイアンナさんに教えてもらいました。

あるオフィスで、常駐していた時の話です。

私が出向いたA社は、ストレートな物言いをする代わりに、誰も隠し事をしない文化でした。

業務に課題があれば「いまの仕事、ちょっといけてないよ」と厳しいコメントをすることもあれば、褒めるのも「〇〇さんって最高!」と直接的。人の好き嫌いではなく、業績の良し悪しだけを評価される文化は、外資出身の私にとって天国でした。

が、そこに勤めていたある社員は、帯状疱疹ができるほどのストレスを感じ1年で辞めてしまいました。

それも彼は「業績で直接的に指導されるなんて、こんな生きるか死ぬかの現場じゃ、誰も信じられない」と感じていたらしいのです。私にとっての楽園が、誰かにとっては地獄になる。そんな当たり前のことに、驚いてしまった出来事でした。

時は過ぎて、別のオフィスで常駐案件を引き受けていた私は、人間関係のストレスで過食となっていました。その職場は物事を表で言わない代わりに、裏で悪口、ひがみが広がっていました。

私にとっては、この職場にいた時こそ「誰も信じられない」時間だったのです。

誰も信じられない職場は、誰かにとっての天国

この世には、圧倒的に悪い職場もあります。

たとえば、暴力がはびこる世界線で生きている職場とか、トイレの回数まで制限されているとか、横領が半端ないとか……です。ここまで来ると「ここでのキャリアも潮時じゃ!」と叫んでさっさと転職すべきだと思います。

が、ほとんどの職場は「あなたにとっては地獄でも、誰かにとっては天国」なんじゃないでしょうか。むしろ、一部の人が適応できているからこそ、あなたが苦しいのでは?

一概に「悪」「善」といえるような職場はなくて、どこでも「あなたの味方」が不足する状況はありえます。

ですからまずは、「私は正しくて、あの人たちが間違ってる」あるいは「私だけがダメなんだ」という10対0の判決を下さないでほしいのです。あなたにとって、楽な職場は必ずあります。ただ、そこではないだけです。

誰も信じられない職場では、人間関係を優先順位から落とす

では、具体的にどう対策を練っていくか。方法は2つです。職場を変えるか、人間関係の回線を遮断するか。

職場を変えるのは決断さえしてしまえば簡単なので、ここでは割愛しましょう。ここから先はあくまで「いまの会社にいるままで、どうやってくか」の話をします。

「人間関係の回線を遮断する」とは、誰も信じられない職場で“必要最低限のやりとり”ができればオーケーとみなすやり方です。最低限、会議の書類が手に入れば、日常業務に困らない程度に頑張ればいいじゃないですか。どうせアフター5は他人だし。

それくらいに振り切ってしまうと、一気に職場の人が「どうでもよく」なります。職場の人間関係って、うまくいったほうが楽ですが、それが人生ではないですよね。

「あなたの人生を、誰にも害させない」ほうが、人生の優先順位はずっと上。くだらない……と思う人間関係なら、いっそ最低限になるまで回線を切ってしまいましょう。

次ページ:誰も信じられない職場でも「信じられる人」を見つける

お役立ち情報[PR]