お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女性が魅力的に感じる男性の特徴、「顔が好み」とほぼ同率で重要視するものは?

マイナビウーマン編集部

カンロは、ビジネスパーソン500名を対象に調査を行いました。

カンロでは今回、全国の20~59歳のビジネスパーソン500名(男女各250人)を対象に 「のど飴」ついての調査を実施しました。

「のど飴」についての調査

ビジネスウーマンの4割が「週に数回以上はのど飴を食べる」

まずはじめに、対象者500人に日頃からのど飴を食べているか聞いたところ、女性の12.4%「毎日食べる」、26.0%「週数回は食べる」と回答。合計すると、38.4%もの女性数回以上はのど飴を食べていることわかりました。

一方で男性は「毎日食べる」11.6%と女性と大きな差はなかったものの、「週数回は食べる」は15.2%で、合計すると26.8%とどまり、女性のほうのど飴の喫食習慣高いこと判明しました。

男性は「シーズンよっては食べる」という回答多いことから、日々の習慣としてではなく、 外的要因よって食べる・食べないを選択している方多いのかもしれません。

7割以上がのど飴によって「仕事がはかどる」実感も

ビジネスパーソンの10人1人は毎日のど飴を食べていることわかりました、一日平均でどのくらいのど飴を食べているか質問すると、のど飴を毎日食べている人の4人1人あたる26.7%6個以上(「6~10個」もしくは「11個以上」)も食べていること明らかなりました。「11個以上」というツワモノも6.7%おり、 のど飴習慣化している人は、 消費個数も多くなるという傾向みられました。

のど飴を食べるタイミングは仕事中や休憩中最も多く、どんなときのど飴を食べるかという質問対して、「分をリフレッシュしたいとき」と答えたのは、「毎日食べる」53.3%対してそれ以外36.6%。

飴を食べることで「仕事はかどると感じる」と答えたのは、「毎日食べる」73.3%対してそれ以外53.6%と、いずれも20ポイント近い差生まれたことから、毎日食べる人は乾燥対策とどまらず、のど飴特有の爽快感よる分的な作用を求めている可能性もありそうです。

乾燥の対策方法に男女の違いが!

「日頃から乾燥対策をしていますか?」という質問対し、259人「はい」と回答。その方法ついて聞いたところ、「マスクをつける」(77.6%)と「のど飴を食べる」(77.2%)のふたつ多数を占めました。

しかしこれを男女別見ると、男性は「のど飴をなめる」最多で74.6%なの対し、女性は「マスクをつける」最多で85.4%となり、男女の違い浮き彫りになるおもしろい結果となりました。

またそのほかでは、男性は「ういをする」46.7%と比較的上位ランクインしたの対し、 女性はういより「あたたかい飲み物を摂取する」56.2%と多く、ここでも男女で対策方法の違い見られる結果

 

日頃から乾燥への対策をしていないと回答した241人その理由を聞いたところ、「必要性を感じていないから」57.3%と圧倒的多数を占めました。

ついで「朝に乾燥感を感じていても日中は感じなくなってしまうから」(19.1%)、「対策面倒だから」(18.3%)、「対策方法わからないから」(16.2%)と続くことから、どうやら必要性を感じならも対策を講じていない方も一定数いることわかります。

女性は「顔」と同じくらい男性の「声」に魅力を感じている

「声のよい異性ひかれますか?」という質問対して、84.8%の女性「ひかれる」と回答しました。

女性魅力的感じる異性の特徴でも 「顔好み」(64.0%)と「声いい」(63.2%)均衡する結果なりました。

ちなみ年代別見ると、 男女とも若年層ほど「声」魅力を感じる人多く、 20代では66.1%「声」を重要視すると答えました。

(マイナビウーマン編集部)

 

マイナビウーマン編集部

この著者の記事一覧 

SHARE