お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 コーディネート

「デキる女」の春夏秋冬ファッションの法則【イラストで解説】

エルメス

「デキる女」はファッションから演出できるって知っていますか? 「デキる女」を演出するファッションの特徴を、季節ごとのコーディネートでエルメスさんが解説します! イラストもぜひ参考にしてください。

社会人歴3年を越えてくると、キャリアアップはもちろん後輩もできて、社内・社外での見え方が気になってきますよね。

「デキる女」という印象を持ってもらうには、仕事ぶりは当たり前ですが、見た目にも気をつけないといけません。

私が考える「デキる女」はビジネス上でのTPOをわきまえる、というのが大前提としてあります。上記を踏まえたうえで、デキる女の雰囲気をファッションで演出するにはどうするといいのか解説していきたいと思います。

「デキる女」のファッションのルール


ではまず、「デキる女」のファッションにおけるルールを理解しましょう。

(1)シチュエーション別でTPOを意識する

クライアントとのミーティングや会食で、デニムとTシャツを選ぶ人はまずいないでしょう。

クライアントの業種にもよると思う方もいるかもしれませんが、備えあれば憂いなし。普段はラフなコーディネートをしているクライアントも会食や幹部が参加するミーティング時に、いつもとはちがうきちんとした服を選ぶ可能性もあるわけです。

そんなとき、あまりにもカジュアルな格好をしていたら浮いてしまいますよね。

そして、ファッションは一番わかりやすく心意気や気持ちを表すことが可能。きちんとした格好をするのに越したことはないのです。

どんなTPOでもある程度の「きちんと感」を保持する、それが「デキる女」のファッションの鉄則だと私は思います。

(2)ベーシックカラーはマストバイ

ベーシックカラーは、フォーマル感を醸し出すのにうってつけです。

ベージュ、グレー、ホワイト、ネイビー、ブラックなどベーシックカラーの服は着まわしもきくうえに、値段問わずある程度のフォーマル感があります。

色を意識しつつ、アイテムもきちんとフォーマルなものを選ぶようにしましょう。

(3)アイテムはブラックが万能

合わせるアイテムに迷ったら「ブラック」を選びましょう。ブラックのいいところは高級感があるところ。

たとえば、スニーカーのような一見カジュアルなものも、ブラックを選ぶとグッとカジュアルさを抑えられます。

私の場合は、メイク、ファッションを加味したうえで、クライアントとのアポイントなどにもあえてスニーカーをチョイスします。もちろん外しアイテムとしてです。

その際、必ず真っ黒なデザインのスニーカーを選んでいます。黒のヒールパンプスが一番きちんと感を演出できますが、フラットシューズ、ローファーなどもブラックを選ぶと全体のコーデバランスを崩さない万能アイテムです。

ただ、全身オールブラックのコーディネートが案外難しく、人によっては威圧感も強くなるのであまりオススメはしません。

靴やバッグなどの小物でブラックをチョイスするくらいがオススメです。

(4)アクセサリーはステータスを表す

質のいいアクセサリーは普段のコーディネートも格上げしてくれますし、何より社会的なステータスをアピールできます。

当たり前ですが、仕事がデキる人は高給取りの場合が多いです。そのため、アクセサリー類も高級志向になる傾向があります。

質のいいアクセサリーや時計などは、その人のステータスを表現する有効なアイテムなので、社会的な信頼性も増します。

できれば、質のいいアクセサリーを日頃からつけるよう心がけるといいでしょう

ただし、ゴテゴテつけすぎるのはNG。たとえば、ネックレス、ブレスレット、ピアス、リング、腕時計の5アイテムがあったとしたら、2~3アイテムのみに控えましょう。全アイテムをつけるとトゥーマッチに見えることもあるので、点数で調整してください。

アクセサリーはステータスに合わせてセレクトすると、その人に対してももちろんですが、会社に対しても好印象を与えます。

(5)シンプルだからこそ質の高い素材を

ベーシックカラーや、シンプルなデザインのアイテムを選ぶ際、安価で質の高くないものを選んでしまうと急激に「安っぽい印象」を与えます。

ファストブランドのアイテムを使うなとは言いませんが、薄手の生地、裏地がなくペラペラ、縫製が甘いものはできるだけ選ばないようにしましょう。一気に、コーデを格下げしてしまいます。

シンプルなデザイン、ベーシックなものだからこそ、良質なアイテムを選べるかどうかがデキる女とできない女の分かれ目になり得ます。

次ページ:季節別「デキる女」のコーディネート

お役立ち情報[PR]