お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「冗談が通じない人」の心理と対処法。真に受けるタイプにはどう接するのが正解?

小日向るり子

ちょっとした冗談はその場の雰囲気を和ませますが、冗談が通じない人がいると場が凍りつくこともありますよね。また冗談のつもりが、相手が本気にしてしまうと人間関係さえも壊れかねません。この記事では、冗談が通じない人の心理・特徴と上手な付き合い方について、心理カウンセラーの小日向るり子さんに解説してもらいました。

自分は冗談で言ったつもりだったのに本気で相手を怒らせてしまった、冗談が通じない人がいたために場の雰囲気が和まなかった……といった経験はありませんか?

おのおのが感じる「冗談」の範囲は線引きが難しいところですよね。

今回は冗談が通じない人の特徴を解説しながら、そうした人に対する対応方法やNG話題まで解説していきたいと思います。

冗談が通じない人の心理・特徴

それではまずは冗談が通じない人に共通する特徴をあげていきます。

(1)生真面目

ここでいうところの「生真面目」とは真面目とは少しニュアンスが異なり、真面目に加えて融通がきかないという性格を含むタイプのことです。

真面目な人は言われたことをストレートに受け止めます。

それは本来よいことなのですが、場の空気によってはすべてを正面から受け止めず、多少はかわすことも必要。

そうしたことができない、あるいはするべきではないという価値観になっている人には、冗談が通じないことがあるでしょう。

(2)心に余裕がない

誰でも忙しいときやイライラしているときなどは、一時的に心に余裕がなくなりますよね。

そうしたときに呑気に冗談を言っている人を見ると不快になってしてしまうのは、一般的な心理です。

したがってこのケースは、心に余裕がない人だけに問題があるのではなく、余裕がない相手の状態を把握できずに冗談を言ってしまう側にも問題があるといえるでしょう。

(3)プライドが高い

プライドが高いということは、自分に関係がある物事や事象に対する感覚が高くて鋭いということです。

それゆえ、冗談を言う側がその人個人をおとしめたり刺激をしたりするつもりで言ったわけではなくても、言われた側の自尊心は傷ついてしまうのです。

(4)正義感が強い

このタイプの方は自身の正義に従って動くため、自分に向けて言われた冗談ではなくても「そういうことは冗談でも言うものではないよ!」などと言って不穏な空気を作ってしまい、言われた本人が言った当人との間に挟まれて困惑してしまう場合があります。

正義感が強い性格はプラスに働くことが多いのですが、このようなことが起きるために他人からすると少し厄介な人と思われてしまうことがあります。

(5)空気が読めない

気質ではなく疾患、あるいは障害という観点でとらえるケースです。

後天的な性格形成で修正できるものではありませんので、本人の認識と周囲の理解が大切となってきます。

次ページ:冗談が通じない人との付き合い方

SHARE