お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

馴れ合いはよくない? 職場での馴れ合いをやめるべき理由と対処法

ぱぴこ

馴れ合いのある職場だと、馴れ合う人たちにとっては居心地がよく、そうでない人たちにとっては働きにくい環境となり、仕事上のトラブルもつきもの。この記事では、職場での馴れ合いがよくない理由や馴れ合いを断ち切るための対処法について、OLコラムニストのぱぴこさんに解説してもらいました。

「馴れ合い」にならないための3つの心得

ここまで見てきた通り、「親しさ」を超えて「馴れ合い」が発生してしまうと、職場の居心地はよくなるどころか悪化し、生産性やクオリティにも悪影響を与えることがわかりました。

では、馴れ合いにならないように、しかし円滑にコミュニケーションを取るためにはどうすればよいのでしょうか?

(1)暗黙の了解は作らない

「なんでそうなっているの?」と疑問に思うことをそのままにしないことが重要です。

マニュアルに記載されている内容と、実際の業務内容がちがう場合は「なぜ?」をきちんと解明しましょう。

暗黙の了解ではなく、手順が変更されているならばマニュアルを更新するべきですし、ないなら明文化された資料に落とすべきです。

馴れ合いからくる暗黙の了解とは、結局責任の所在やプロセスを「なぁなぁ」にすることです。

それで回っているのは「いいとき」だけなので、本当に業務として正当な手順なのであれば、その暗黙の了解を「正規手順」にまで引き上げることが必要です。

個人で職場のルールを変えることが難しい場合は、せめて自分としてのメモや手順書を残すようにしましょう。

(2)外部の空気を入れ、内輪で固まらない

馴れ合いが発生している職場にずっといると、そもそも何が「馴れ合い」で何が「馴れ合でないのかの切り分けすらも、自分で判別できない場合があります。

交流会や説明会、なんでもいいですが、意識的に外部の組織や人との接触を持つことで、固定観念で「こうだ」と思っていたものが、「馴れ合い」であったり「個別のルール」であったりすることに気づけるようにしましょう。

新しい空気を入れることで、滞った職場が活性化する可能性もあります。

(3)会社は「公」の場所であると意識する

馴れ合いは行き過ぎた「親しさ」の結果でもあります。

職場で親しい人がいたり、人付き合いがあったりするのはいいことですが、あくまで「仕事をする」という公の場であることを改めて意識することは必要です。

馴れ合いが発生しているのは、公私の区別が曖昧になっているからであることが多いです。

次ページ:馴れ合いは「楽」な人だけ楽になる、劇薬

SHARE