お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキル

マナー講師が教える「名刺の受け取り方」【ビジネスマナー】

松本繁美(マナーアドバイザー)

正しい名刺の受け取り方を、受け取る準備からしまい方までマナ―講師の松本繁美さんが解説。複数人いる場合の交換手順は? 座ったままでOK? 名刺入れがない、名刺を忘れたときの対処法は? など迷いやすいポイントに触れながらレクチャーします。

名刺の受け取り方Q&A

スマートでマナーにかなった名刺交換は誰もが望むところ。はじめて会う人との名刺交換は第一印象につながります。ここでは、迷いやすいポイントにフォーカスを当て、Q&A形式で正しいマナーを勉強していきましょう。

Q.名刺入れを持っていない場合は?

名刺入れの代わりとして、ハンカチの上にもらうのも一手。ですが、しっかりプレスができているきれいなハンカチでないと見苦しいでしょう。

何も手元にない場合は、両手で丁寧に受け取り、そのまま交換を進めましょう。

Q.名刺を忘れた場合の対処法は?

その場では素直に「申し訳ございません。ただ今、名刺を切らしておりまして……」などと告げ、メールで「本日は名刺を失念してしまい、大変失礼いたしました」という旨を送り、名刺と同じ内容を盛り込んだ署名を必ず入れます。

後日、名刺を直接お持ちしてビジネスチャンスにしてもよいでしょう。また、お手紙をつけて、郵送するのも◎。

Q.財布から名刺を取り出すのはOK?

マナー上も、実際の所作としても財布から取りだすのはNGです。

なぜなら、財布に名刺をしまうと、汚れや折れ曲りの原因になるのと、名刺入れを持たない、あるいは忘れたこよが相手にあからさまにわかってしまうから。

名刺入れがなければ、手帳の内側など、保管に適したところに用意し、相手に会う事前に取り出しておいて、手持ちで名刺交換をします。両手で丁寧に渡せば、問題ありません。

Q.受け取る際、好印象を与えるコツは?

相手の会社の住所などを見て、「近くに○○ってありませんか?」「前にお邪魔したことがありますが、素敵な建物ですね」などと、話題作りをしてコミュニケーションをはかります。

相手の名前の話題も楽しいでしょう。「めずらしい名字ですね」「難しい漢字ですね」「素敵なお名前ですね」など、思いついたことを話題にするだけで距離感が縮まります。

次ページ:大切に扱うことがマナーに繋がる名刺

お役立ち情報[PR]