お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「人を見る目」がある人とない人の決定的なちがいとは? 人を見る目を養う方法

織田隼人(心理コーディネーター)

だまされたり裏切られたりしたとき、「私って人を見る目がないのかも」と悩んだことはありませんか? この記事では、人を見る目がある人とない人のちがいや、人を見る目を養う方法について、心理コーディネーターの織田隼人さんに解説してもらいました。

人にだまされたり、面倒なことに巻き込まれたりしたとき、「私って人を見る目がないのかも」と思うことがあります。

どんな人でも嫌な目にあうことはあるのですが、それでもある程度、付き合う人を選ぶことで面倒なことに巻き込まれるのを防止できる人がいます。

そういう人は「人を見る目がある人」といわれます。

「人を見る目がある人」とはどんな人なのでしょうか?

自分が「人を見る目のある人」になるにはどうしたらよいのかも含めて見ていきましょう。

「人を見る目がある人」の特徴

「人を見る目がある人」にはいくつか共通する特徴があります。

代表的な特徴を5つ挙げていきます。

(1)言行不一致によく気づく

「人を見る目がある人」は、言葉と行動が一致していない状況に素早く気づける人です。

口で言うことと行動とに矛盾がある人は、言ったことをきちんと実行しないので、実行されると思ったらされてなかった! とまわりを振りまわすことになります。

言行不一致によく気づき、そういった人を見抜けると、人に振りまわされることが少なくなるでしょう。

(2)相手の見た目をあまり気にしない

相手の見た目が美しいか、そもそも身なりが整っているかということをあまり気にしません。

相手の身なりで相手を評価する基準は低く、一方、行動や性格、言動での評価を高く見ています。

(3)いろいろな方面の知識がある

相手が正しいことを言っているのか、言っていないのかは知識がないと評価できません。

人を見る目のある人は「相手の考え」を知ろうとするので、いろいろな方面の知識を持っています。

そのため、相手の言動に矛盾があったときに気づくことができるのです。

(4)多くの人に会っている

「人を見る目のある人」は多くの人に会って、そしてある意味、多くだまされています。

これまでたくさんの経験があるがゆえに、人を見る目が磨かれているのです。

残念ながら、ある程度痛い目を見ないと人を見る目というのは養われないのです。

(5)相手の細かい動きを自然にチェックしている

「人を見る目のある人」は人の細かい動きを自然にチェックしています。

目の前の人が机の下で指を動かしているようなら「緊張しているのだな」、視線がキョロキョロしているようなら「この人は人見知りかも」と考えたりします。

人のさまざまな小さなシグナルをチェックして、そこから相手の本質を理解していきます。

次ページ:「人を見る目がない人」の特徴

SHARE