お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

「悲劇のヒロイン」になりたがる人の心理と上手な接し方

小日向るり子

まわりに「悲劇のヒロイン」を気取る人はいませんか? 過剰な不幸アピールをして「悲劇のヒロインになりたがる女性」が近くにいると、ウザいと思ってしまうことも。この記事では、「悲劇のヒロインを気取る女性」の特徴と原因、そういう人への接し方について、心理カウンセラーの小日向るり子さんに解説してもらいました。

「悲劇のヒロイン気取りの女性」と聞くと、なんとなくどんな女性か想像がつく方も多いと思いますが、まずはわかりやすい例を挙げてみたいと思います。

もし自分だったら何を考えてどう振る舞うか、想像しながら読んでください。

ある女性が婚活パーティに参加し、最後の告白タイムで2人の男性から告白されました。

彼女は2人とも告白をお断りしてしまい、泣き出しました。

なぜ彼女は泣いたのでしょうか?

そして、もしあなたならこの場面でどのようなリアクションを取りますか?

まずここは、泣く場面ではありません。

むしろ2人の男性から告白されたのですから、うれしい場面です。

精神的に成熟した女性なら「2人もの男性に好きになっていただけて幸せです。ありがとうございます」と感謝の気持ちを込めてお伝えするでしょう。

また、「振られた男性側の気持ちを考えると私も泣いてしまうかも」と考える方もいるかもしれませんね。

でも、このタイプの方は「悲劇のヒロイン」ではありません。

むしろそういう人に振り回される可能性があります。

 

では、「悲劇のヒロイン」タイプの女性はどうするかというと、泣きます。

そしてその理由は「どちらも選べない私って可哀想」という心理です。

この「私って可哀想」という感情こそが、「悲劇のヒロインを気取る女性」の核となる心理状態です。

「悲劇のヒロインを気取る女性」の特徴

「私って可哀想」がいつも根底にある「悲劇のヒロイン」ですが、では具体的にはどのような特徴を持っているのでしょうか?

4つのポイントを挙げてみました。

(1)不幸をアピールする

現在は便利なSNSがありますので、いつでもどこでも不幸アピールがしやすくなりました。

ネガティブツイートを頻繁に更新するというわかりやすいアピールだけでなく、「もう私ダメかもしれない」などとあえて理由を書かずに読み手の興味をそそるような文章だけを書いたり、プロフィール画像などを頻繁に更新して注目を浴びたりするという巧妙な手口を使う人もいます。

(2)嘘をつく

不幸アピールをするだけでなく、そのエピソードに嘘を盛り込む場合もあります。

たとえば、日常生活はこなせる程度の痛みなのに「昨日はベッドから起き上がることもできなかった」などと事実を盛ることもあれば、まったくかかっていない病気を装ったり、さらには自分を傷つけて怪我を演出したりするなど、嘘がエスカレートする場合もあります。

(3)ダメ男に惹かれる

「私は可哀想」という状況になりたいため、俗にいうダメ男に惹かれる傾向があります。

ただ、本人にその自覚はありません。

本人にとっては「気づいたら私って付き合う男性がダメ男ばかりなんだよね」という感覚です。

(4)他人の不幸話が嫌い

他人の不幸な話を聞いて共感や同情はしないのも特徴です。

「あの不幸話に比べたら私が不幸を愚痴るなんておこがましい」などとは思わないもの。

どのような話を聞いても「私のほうがもっとつらい!」という気持ちになるだけです。

次ページ:「悲劇のヒロイン」になりたがる原因

お役立ち情報[PR]