お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 アイテム

リュックを仕事に使っている女性は約3割。仕事リュックのメリット・デメリット

マイナビウーマン編集部

最近、通勤電車などで、スーツにリュックの男性、増えていませんか? 一方で仕事にバッグではなくリュックを使っている女性はどのくらいいるのでしょうか? そこで今回は、市民権を得つつある女性のリュックについて、アンケートを行ってみました。

あなたはリュック派?

はい      (28.9%)
いいえ     (71.1%)
※有効回答数294件

3~4人に1人がリュックを使っているようですね。

リュック派の主張

リュックは楽!

・「両手が空くと楽だから」(29歳/その他/その他)

・「自転車に乗るときに楽」(29歳/その他/その他)

・「荷物が多くても背負えるので楽」(33歳/小売店/営業職)

リュックを背負うと、両手が空くので、その分、たくさんのことができます。自転車にのったり、スマホを使ったり、電車でつり革にもつかまれます。

また、リュックは容量が大きいものが多いので、なんでもポイッと、リュックの中に入れられますし、パソコンなどを入れて荷物が重くなっても、背負っているのでそれほど負担にはなりません。

今回のアンケートでも、「両手が空く」ことでできることが広がる、といったものや、荷物が重くても、多くても「背負える」といったもの、のように、機能面を理由に挙げる意見が多く挙げられました。

からだのバランスを重視

・「体の重心とバランスが整うから」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

・「片方の肩に荷物をかけるととても疲れやすいので」(31歳/その他/事務系専門職)

・「リュックだとどちらか一方の肩だけに負担がかかるということがないので、体が歪みにくいから」(30歳 /その他/その他)

リュックだと両方の肩に、均等に重さがかかるので、姿勢や体のバランスが悪くなることがないように思えますね。特に、体に歪みがあると指摘されていたりすると、「リュックがいいかな」と感じます。

おしゃれだから

・「デザイン的にもリュックに惹かれる」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「おしゃれだし便利だから」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

最近はハイブランドのリュックも、アイテム数が増え、おしゃれなものがたくさん売られています。

リュックを使わない派の意見

ほかに好きなスタイルがある

・「トートバッグのほうが好きだから」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ショルダーバッグのほうが荷物を取り出しやすいから」(30歳/医療・福祉/その他)

・「手提げバッグのほうがすぐに中身を取り出せるから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

定番のトートバッグやショルダーバッグ、最近は斜め掛けができるバッグなども人気で、そちらのほうが使いやすい、と思っている人も多いようですね。

リュックは不便なこともある

・「満員電車でリュックは邪魔だから」(29歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「バスに乗るときに不便だから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「いちいち下ろさないと開けられないのは不便」(34歳/食品・飲料/その他)

・「リュックは背中が暑くなるから」(34歳/医療・福祉/事務系専門職)

確かに、電車が混み合ったらリュックを前に抱えるようにアナウンスがあるときがあります。

また、リュックは基本的に背負ったままでは中身が出し入れできないのは最大の欠点です。

リュックは仕事向きではない?

・「リュックだとカジュアルすぎてしまうから」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「個人的にスーツにリュックは合わないと思っているから」(28歳/金融・証券/営業職)

・「会社規定でリュックを使えないから」(22歳/医療・福祉/その他)

・「リュックが欲しいけどなかなかいいデザインが見つからない」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

リュックは仕事向きではないとの意見です。自分の仕事スタイルや好みに合うリュックを見つけるのは意外に大変です。

まとめ

男女を問わず、ビジネスでリュックを持つ人が増えた理由として「リュックがビジネスにも合うようなデザインに変化してきたこと」や、「ビジネスマンの服装がカジュアルになったこと」がよく挙げられます。持ち物も服装も、自分の働き方にあったスタイルが選べるようになるといいですね。

(マイナビウーマン編集部)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年5月10日~5月12日
調査人数:294人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]