お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド スポット

池袋に新しいシネコン。「グランドシネマサンシャイン」7月19日開業

フォルサ

佐々木興業と東急不動産は、「キュープラザ池袋」内に出店するシネマコンプレックス「グランドシネマサンシャイン」を7月19日に開業すると発表しました。

開業記念に上映されるショートフィルム「TRANSPHERE(トランスフィアー)」イメージ

「グランドシネマサンシャイン」は、12スクリーン、2,443座席のシネマコンプレックスで、国内最大サイズというスクリーンを有する「IMAXレーザー/GTテクノロジー」シアターでは、開業を記念して関根光才監督作品ショートフィルム「TRANSPHERE(トランスフィアー)」を上映します。そのほか、個性が異なる12スクリーンでは、「天気の子」、「東京喰種 トーキョーグール【S】」、「トイ・ストーリー4」などバラエティに富んだ作品が上映されます。

12階レストラン「バール パノーラマ」

最上階の12階には、イタリアンバル「バール パノーラマ」がオープン。窓から眺める景色を楽しみながら、ランチタイムにはパニーニとカフェ、ディナータイムにはワインをお供にパスタやピザを味わえます。映画を見ながら楽しめるパスタやワインのメニューも用意されるとのことです。

5階カフェ「クラッパーズダイナー」イメージ

5階にはアメリカンワッフル専門店「クラッパーズダイナー」がオープン。アメリカンヴィンテージの映画のような空間で、焼きたてのワッフルを楽しめます。こちらでも、映画を見ながら楽しめるワッフルサンドが用意されるそうです。

(フォルサ)

お役立ち情報[PR]