お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 片思い

気になる男性から既読スルーされたとき「絶対にしてはいけないこと」 #LINE道場

二宮ゆみ

気になる男性にLINEをするとき、「なんて送ろう?」と悩む女性は多いはず。元人気ホステスで恋愛コラムニストの二宮ゆみさんに、正しいLINEの送り方を解説してもらいます。今回は、相手に既読スルーされているけど、やりとりを続けたいケース。どんなLINEを送ればいいのでしょうか。

LINEアプリ登場当初からの私たちの悩みのタネ、「既読スルー問題」。

まず、男性は「私たちが思っているほどマメではない」ということを頭に叩き込みましょう。これは試験に必ず出ます。頻出問題です。「今度飲みにいこーね!」程度のユルいLINEでは、「あ、いいねーりょうかーい」と呟かれてアプリを閉じられる可能性が相当高いということなんです。

「おはよう」のスタンプも然り。
「今日出てた虹すっごくキレイだったよー!」という乙女な写メを添付しても然り。

「わざわざ返信するまでもない状況報告メール」と認識されている可能性120%です。ランドセル時代の交換日記も手紙のやりとりも、大抵メンズが面倒になって自然消滅してましたよね? あなたは楽しいかもしれないけど、男性は他愛のないおしゃべりLINEに時間を費やす趣味はないんです。よっぽどタイプなら別ですけど、付き合ってもいない人から毎日「おはよう!」なんて届いても困るわ!(笑)

なので、季節の変化や環境要因を紐づけてみてください。

たとえば、「ビアガの季節でーす! 土曜晴れだし行こ!」や「台風大丈夫?」など。

上記のように明らかに日時を指定してのお誘いに返信がない場合は、半日程度あけて、「壁からヒョイのぞきスタンプ」でも送ってみましょ。午前中に連絡したなら仕事終わりに。夜にお誘いしたなら翌朝です。彼が返信を忘れていたなら、「あーごめん忙しくて忘れてた!」「台風ヤバかった(笑)」というように連絡がくるハズです。

まちがっても「忙しいならムリして返信しなくていいからね」や「何度もごめんね」なんて、気づかいの押し売り連投LINEはしないように! 好かれるどころかウザがられて最悪ブロック案件です!

(二宮ゆみ)

お役立ち情報[PR]