お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

結婚したい! アラサー女性が結婚する方法

成田鼓(なりたつづみ)

気がついたら「アラサー」なんて呼ばれる年齢になってしまったけれど、幸せな結婚がしたい! そんなアラサー女性が幸せな結婚をするための方法について、また焦って失敗しないために気をつけるべきポイントについて、婚活アドバイザーの成田鼓(なりたつづみ)さんに教えてもらいました。

■結婚できないアラサーの共通点とは

まずは、結婚できないアラサー女性の現状や、彼女たちに共通することについて解説してもらいましょう。

◇焦りを感じる前に! アラサー女性の未婚率って?

国勢調査2015年(平成27年)によると、女性25歳~29歳の未婚率は61.3%。30歳~34歳では34.6%で、5年前の前回調査(2010年)からいずれもほぼ横ばいで推移しています。つまり、20代後半女子では6割が未婚で、30代前半女子になると3割強、3人に1人が未婚という結果です。日本国民男女の平均初婚年齢が男性31.1歳、女性は29.4歳であることを考えると、アラサー女性にとって、ここ数年間は周囲の結婚ラッシュの真っ只中にいると言えます。

◇結婚できないアラサー女性の共通点

☆出会いを求め恋愛市場で「迷子」に

アラサーに限らず、結婚したいのに上手くいかない女性の共通点として、異性との出会いをいわゆる恋愛市場に求めてしまった結果、「迷子」となってしまう点があります。“婚活”は当然ながら結婚を想定したお付き合いを望んで行うもの。しかし、恋愛市場で出会った彼氏から、付き合った後に「結婚する気はない」と言われてしまった、場合によっては「付き合った彼が既婚者だった!」という例などはよく聞きますよね。このように、結婚につながる真剣な交際の機会に恵まれない環境に知らず知らずのうちに陥ってしまい、結果として「結婚へのプロセスになかなか至らない」という婚活迷子になってしまうアラサー女性が多いのも現実です。

☆「自分の年齢」を理解していない(しようとしない)

「もう30歳になってしまった!」と口にはしているものの、実際は「まだまだ大丈夫、私だってその気になれば彼氏のひとりくらいは……!」という気持ちが根底にあるアラサー女子は多いです。婚活市場における30代以上の女性によく見られる傾向のひとつで、20代の時に経験した人生最大のモテ期の経験から脱却できず、「もっといい男性と出会えるのでは!?」という、「もっともっと病」にかかっている方のことを指します。この病気にかかると、出会いのチャンスを無駄にしやすくなってしまいますよ。「男性は結婚相手の女性として若い女性を優先的に求める」ということを、現実問題として認識できていないこともあわせて婚活に影響しているのが特徴ですね。

☆ 「本気モード」になっていない

これもよくあるパターンですが、たとえば合コンやお見合いパーティーに行ったとしても、「いいオトコいないなあ」、と口にすることで自分を納得させ、その先の行動に移せないタイプ。婚活とは「人生においてもっとも大切なパートナーを見つける」という、ある意味男性も女性も真剣勝負。そのためには相当な意志や勢いがなければうまくその先に進めません。「いいオトコがいないからなかなかうまくいかない」とよく言い訳をする女性がいますが、男性に対して期待していることが何か、自分が相手に何を望んでいるのか、ということが整理できていない女性ほど、「いいオトコがいない」と口にする傾向が。勢いを持って「本気モード」になれば、いいオトコなんてそうあちこちにいないということに気づくはず。また、この本気モードのレベルは相手にも伝わるもので、本気でないことをすぐに相手からも見透かされてしまいます。「本気モード」で勢いのある人とそうでない人では、婚活の結果が大きくちがってくることは容易に想像できるでしょう

☆理想が高すぎる

求めているのはいつも「100%の王子様」というパターン。お相手への希望条件として「普通の人でいいです」とは言っているものの、具体的にお聞きすると「大卒以上」「年収700万以上」「身長170cm以上」「できれば上下3才以内」「コミュニケーション力が高い」「アウトドアの趣味のある人」「おしゃれにも気を使う」「エスコートできる人」などなど……。自分の考えている「普通」が、いつのまにか出会う男性への“減点ポイント”項目を増やしてしまっているというタイプです。誰でも譲れない希望条件はあるとしても、それ以外の条件はお付き合いするなかでお互いに容認できる点に変わっていくもの。そうした柔軟さも婚活には必要です。それに気づけないアラサー女性は永遠に王子様を追い続けてしまうのです。

☆「仕事が忙しい」「時間がない」と言い訳する

婚活に限ったことではありませんが、仕事だけでなく趣味に没頭する場合でも、そのために必要な時間を割いたり、工夫して空き時間を作ったりすることは、ほとんどの人がやっていることですよね。婚活も同じことで、現状のままで何か結果がでることはありません。逆に、時間さえあれば婚活が上手くいくというものでもありません。「忙しい」と言うのは、「現状を変えたくない」「変えずして成果を出したい」という、言い訳である事を理解しておく必要があります。

次ページ:アラサー女性が結婚するためには?

お役立ち情報[PR]