お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

トレンド 映画

好きになるってどういうこと? 『パンとバスと2度目のハツコイ』で観るこじらせ男女の恋愛観

神保町とゴールデン街に生息する一介の映画好きサブカル男子が、週末の観てほしい作品をご紹介。ストレス解消に、週明けからまたがんばろうという活力に、ちょっとした癒やしに、何かを考えるきっかけに。さぁ金曜帰りの電車に乗り込んで、映画といっしょに楽しい週末を。

今週もおつかれさまです、うすいです。

私事ですが、先日24歳になりました。1時過ぎにSNSで「誕生日です」とつぶやき(日付が変わったと同時は露骨すぎるので)、リプライ/いいねをもらうデジタルネイティブ承認欲求満たしをかまし、夜はおいしい和食に舌鼓を打ち、久々にいい誕生日を過ごせました。本当に私事ですみません。
1番(いい意味で)記憶に残っている誕生日が、「2年前、京都で好きなアイドルさんに誕生日を祝われた(握手会/一人旅)」だったので……。それはそれで幸せだったのですが。

横道を逸れに逸れましたが、今回ご紹介する作品は、恋愛映画の旗手として語られることも多い、今泉力哉監督の『パンとバスと2度目のハツコイ』。
実はこの原稿を管理してくれているのは、僕の同期なのですが「年収◯◯◯◯万以上」という金銭的な部分に、付き合う条件の重きを置く彼女が、本作を観たらどう感じるのかな? という思いでこの原稿を書きました(いつも校了後に細かい修正お願いしてごめん)。
恋愛を主軸に人間の機微を描く本作から「好きになるってどういうこと?」という本テキストのタイトルに対して、ひとつの解を探していきましょう。

好きで居続けられない女と好きで居続ける男

彼氏からプロポーズされるも「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」と断ってしまう、パン屋で働く本作が映画初出演にして初主演、深川麻衣演じる市井ふみ。

前述のアイドルさんはこの方。元乃木坂46。彼女について書くだけで原稿1本いけます。
出典:©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

そんなふみの中学時代の初恋相手。ふみではない、別の想い人を追いかけて実家を飛び出し、結婚するもあることをきっかけに離婚。それでも別れた相手を想い続けるのは、三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとしてもおなじみ、山下健二郎演じる湯浅たもつ。

パフォーマー・役者・ラジオパーソナリティと幅広い活躍を見せる。イケメンなのに気取らない感じがかっこいい。
出典:©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

2人はふみの働くパン屋で再会を果たし、(ふみはたもつが近くにいることを、一方的に認識していたのですが)共通の友人も交えて段々と仲を深めていきます。初恋の相手は今でも魅力的で、それでも彼は別の人を好きで、そんな状況にモヤモヤさせられながらも、2人のゆくえに惹き込まれていきました。
(※ここから一部ネタバレを含みます)

今回のワンシーン「好きな人は好きだと言ってくれるけれど、もっと好きな人が忘れられないと言う」

出典:©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

終盤、たもつはふみをとある山へと連れて行きます。「この景色を見せたかった」と語るたもつと「1度だけ(たもつとではないけれど)来たことがある」と返すふみ。眺めの良い山頂から、相手をどんな風に思っているのか叫びます。
「久しぶりに会ったふみは魅力的で、惹かれつつある自分がいる。それでも、俺は別れた奥さんが忘れられない」と。ズルい。好きだけど、もっと好きな人がいる。それでも前者ではなく後者にいく心理。それは「ずっと片思いし続けているだけ」とふみは言います。なぜたもつがこれほどまでに、奥さんのことを好きなのか。本作では語られていません。容姿なのか、性格なのか、他のなにかか。恋人に求めるものと結婚相手に求めるものは違うと言いますが、あなたにとって、何が1番重要ですか?

好きな相手が振り向いてくれない、付き合えたとしてもいつフラれるかわからない、だから恋愛なんてしない。それもひとつの解かもしれません。それでも、昔に味わった甘酸っぱい経験や苦い経験は、なんらかの形であなたの糧になっているんじゃないでしょうか。

今週もおつかれさまでした、よい週末を。

—————–
映画『パンとバスと2度目のハツコイ』公式サイト
http://www.pan-bus.com/

(臼井大輔)

お役立ち情報[PR]