お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド メイク

イエベ? ブルベ? 話題の「パーソナルカラー診断」受けてみた!

最近よく耳にする「パーソナルカラー(※)」。美容雑誌でも「パーソナルカラー別・似合うリップ特集」のような誌面が増えていますよね。パーソナルカラーを自己診断できるウェブサイトも多くありますが、「自己診断とプロによる対面診断では結果が異なるらしい」とのSNSの声を発見。そこでマイナビウーマン編集部Iが、実際にサロンでカラー診断を受けてみました!

※パーソナルカラーって?
そもそもパーソナルカラーとは、人それぞれの肌や髪、瞳、顔立ちに調和して似合う色のこと。四季になぞらえて「春」「夏」「秋」「冬」4つのタイプにわけられます。「春」「秋」はイエローベース(以下イエベ)で、全体的に黄みがかかった肌色のグループ。「夏」「冬」はブルーベース(以下ブルベ)で、全体的に青みがかかった肌色のグループです。

自己診断“イエベ秋”は本当なのか? サロンのカラー診断で実証!

今回お邪魔したのは、青山にある「サロン・ド・ルミエール」。パーソナルカラー診断&メイクレッスンを行っているサロンです。担当してくれたのは、専属カラーアナリストの西田美穂先生。

ちなみに西田先生のパーソナルカラーは“イエベ春(春タイプ)”とのこと。オフホワイトのブラウスと、コーラルピンクのリップがとてもよく似合っています!

壁にはカラートーンの分類表がずらり。左上から時計回りに、春・夏・冬・秋のパーソナルカラーです。

カラー診断は、西田先生によるカウンセリングからスタート。記入したカウンセリングシートをもとに、「自分に似合うと思う色は?」「どんな雰囲気の女性になりたい?」などの質問に答えていきます。

ネットの自己診断では“イエベ秋”だった編集部I。ブラウン系などのくすんだ秋色が似合うという診断結果に沿って、髪もオリーブ色に染めていたのですが、サロンの対面診断でも本当にイエベ秋という結果が出るのでしょうか? 気になります!

パーソナルカラー診断開始! 自分に似合うのは何色?

カウンセリングが終わり、さっそくカラー診断スタートです。診断では、ドレープと呼ばれる色のついた布を使用します。

まずはピンク系のドレープを顔の下に当てていきます。同じピンクでも、淡いピンク・コーラルピンク・ショッキングピンクなど、色合いはさまざま。試しに淡いピンクを当ててみると、なんだか顔色がぼんやり……。

レッド寄りのピンクのマゼンタを当てると、キリッと引き締まった感じがして、編集部Iの大人っぽい顔立ちがより際立ちます! このように同じ系統の色の中で、自分に合う色・合わない色を判断していきます。

グリーン系でも、淡いパステルグリーンより深みのある濃いグリーンのほうがぴったり。このドレープ当てを何十色も行った結果、編集部Iは“ブルベ冬”の属性を持っていることが判明。肌が色黒寄り=イエローベースと判断するのではなく、こうして色をひとつひとつ当てることで、本当の属性が見えてくるのだとか。

実は“ブルベ冬”だった! 似合うメイク・服は?

パーソナルカラー“ブルベ冬”という結果が出た編集部I。診断後、ブルベ冬の属性を持った人に似合うメイク・ファッションのコーディネートイメージなどが記載された紙をもらいました。

冬タイプは、はっきりと澄んだ華やかな色が似合うタイプ。芸能人でいうと、柴咲コウ・栗山千明・黒木メイサ。メイクはビビッドピンクや深い赤、ファッションも黒や赤などのコントラストの強い色をシャープに着こなすことができるとのこと。髪色も「黒に染めてみたら似合うと思いますよ」とのアドバイスが。

冬タイプの女性に似合う色のコスメはこちら。いつもは黒っぽい赤やブラウン系のコスメを使うことが多い編集部Iですが、意外とピンクも似合うという新事実にびっくり。これらのコスメを使って、西田先生がポイントメイクをしてくれました。

チークもピンク系でふんわりと。それだけで一気に華やかになります。

濃いピンクのリップが締め色になって、クールだけど女性らしい印象に! これからはピンクリップにも挑戦してみようと決意した編集部Iなのでした。

またファッションも、似合う色・似合わない色が明確になりました。試しに2色のトップスをそれぞれ身につけて、印象を見てみましょう。

たとえば、朱色寄りの赤のトップスを着ると、なんだかちぐはぐな感じに……。

だけど冬タイプが似合うブラックのトップスを着ると、不思議と顔色もよくなった気がします!

結論:パーソナルカラー診断ってすごい! 一度試してみる価値あり

コスメや服の色以外にも、アクセサリー・メガネ・帽子などのファッション小物、ヘアカラー、カラコンなどにも取り入れられるパーソナルカラー。「私ってこんな色が似合うんだ!」という新たな発見につながり、買い物も楽しくなりそうです。編集部Iも、自分のメイクやファッションに自信が持てるようになったみたい。気になる人はぜひ近くのサロンを探して、カラー診断にトライしてみてくださいね!

(高橋千里/マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]