お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

嫉妬される女性の特徴と対処法! 周囲の人を敵に回さないための注意点とは?

織田隼人

職場やプライベートで、よく嫉妬されて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。嫉妬するほうも問題ですが、嫉妬される側にも原因がありそうです。今回は、嫉妬されやすい人の特徴や、周囲を敵に回さないための対処法を、男女の心理のちがいに詳しい、心理コーディネーターの織田隼人さんに聞いてみました。

■なぜ嫉妬されるの? 嫉妬されやすい女性の特徴・6つ

自分では気づかないうちに、嫉妬されていることもあるもの。何が原因で嫉妬されてしまうのでしょうか。嫉妬されやすい女性の特徴について見ていきましょう。

◇容姿が整っている

美人やかわいいとそれだけで人間は「得」をしやすいものです。その結果、「私より努力していないのに得をしている」と見られてしまうことになります。

容姿が整っている女性は、容姿が整っていることで得をしている分、嫉妬されやすくもなります。

◇彼氏・旦那さんのスペックが高い

嫉妬はうらやましい、という気持ちから生まれます。そこで、彼氏や旦那さんが格好よかったり、年収が高かったり、スマートな態度をとっていたりすると、「うらやましい」と思われます。

このうらやましい、という気持ちの裏返しとして嫉妬されてしまいます。

◇育ちがいい、家がお金持ち

育ちがよさそうだったり、実家がお金持ちそうだと嫉妬されます。「自分の努力なしで人生を謳歌できている」というように見られてしまうからです。

ハングリー精神、とよく言いますが、あれは「嫉妬心を成長のパワーにする」ということです。つまりハングリーな人はうまくいっている人に嫉妬しているのです。

◇努力家

自分にできないことをする人に対して人は嫉妬します。がんばるのが苦手な人は、がんばる人に対しても嫉妬してしまいます。

「自分はここまでしかできない、でもあの人はもっとやっている」ということに対して自分のふがいなさを感じ、そこから嫉妬心が生まれます。がんばることだけでも嫉妬されてしまうのです。

◇同じくらいのスペックの女性

自分と同じくらいのスペックだと思っている女性に対して、嫉妬をしやすい傾向があります。特に自分と同じくらいと思っていた人が、ちょっとうまくいったときなど、強烈な嫉妬をしやすいです。その人にいい彼氏ができたとか、先に出世したとか、いい成績を取られたとか。

なぜなら、嫉妬は比較から生まれる気持ちでもあるので、自分と同じくらいのスペックの相手と比較をしてしまい、その比較から嫉妬が生まれるのです。

◇誰とでも分け隔てなく接する事ができる人

多くの人は自分のことを「コミュニケーションがあまり得意でない」とどこかで思っていたりします。

だから、自分が苦手と思っているコミュニケーションをうまくこなす人がいると、「すごい」という気持ちがわきつつも、その裏側で嫉妬をしてしまうのです。自分にできないことを見せつけられてしまうからです。

次ページ:周囲とうまくやっていきたい! 嫉妬されないための対処法・4つ

お役立ち情報[PR]