お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メイク

くるりんまつ毛を作る、ビューラーの上手な使い方

西田美穂

メイクの要となるアイメイク、しかもまつ毛は印象を左右する重要ポイントです。今回は自分のまつ毛に合ったビューラーでキレイなカールを作る方法を、美容研究家の西田美穂さんに教えてもらいました。

■ビューラーを使うタイミングと上手な使い方

メイクのとき、ビューラーはどのタイミングで使用するのが最適なのでしょうか? ビューラーの上手な使い方と、理想的なまつ毛の仕上がりについて紹介します。

◇ビューラーを使うタイミング

ビューラーを使うタイミングは、ベースメイク→ビューラー→アイシャドウ・アイラインという順番がオススメです。アイシャドウ・アイラインの後にビューラー、という方もいらっしゃるかと思いますが、それだとビューラーに付着してアイメイクが薄れてしまいます。

◇ビューラーの上手な使い方

(1) 鏡の正面で顎を突き出し、左手でまぶたの皮膚を上に軽く引っ張ります。

(2) 右手でビューラーを開いたらフレームをまぶたにぴったり当てましょう。まつ毛の根元ギリギリ上を挟むイメージです。皮膚を挟まないか、根元に当たって痛くないか、確認してからきゅっと挟み、約1mm押し上げ2~3秒静止させます。

(3) 力をゆるめてビューラーを離したら手首を少し前に移動して、今度はまつ毛中間部を挟みます。

(4) 再び力をゆるめて、最後に毛先を挟みます。

根元はやや強く、中間は弱く、毛先はさらに弱く、という3段階の力加減で挟みます。3段階にすることで、まつ毛全体にカールがついて、下がりにくいくるんとした仕上がりになります。

◇理想的なまつ毛の仕上がりとは?

まつ毛が根元から立ち上がり、正面からは扇形に広がって見え、横からは緩くカールがかかって見えるように仕上げると、どこから見てもキレイです。ビューラーを使うタイミングや使い方のポイントに気をつけて、この仕上がりを目指しましょう。

次ページ:ビューラーの選び方

お役立ち情報[PR]