お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 芸能

【TGCインタビュー/桜田通】「歓声がなかった」昔と今で変化したランウェイの景色

今年主演を務めたドラマ『クズの本懐』で、大胆かつ危険な演技を見せつけてくれた桜田通さん。2017年は躍進の年、多くの視聴者にそんな印象を与えたであろう彼が、2017年9月2日開催の「マイナビ presents 東京ガールズコレクション 2017 AUTUMN/WINTER」(以下TGC)に登場。マイナビウーマンは、ランウェイを終えたばかりの桜田さんを直撃。ファッションへのこだわりについて、お話を聞きました。

「歓声ってあまりないんだな」昔と今で変化したランウェイの景色

ーー会場はすごい熱気でしたね! 終えられたばかりのランウェイはいかがでしたか?

先ほどRMKのランウェイに参加してきたんですが、ここまでショーに近い雰囲気ははじめてだったので新鮮でした。クールな雰囲気の衣装も気に入っています。メイクやネイルをしていただいたので、それに合わせた大人っぽい表情を見せて歩こうと決めていました。

撮影:三浦隆穂

撮影:三浦隆穂

 

――観客の方とのコミュニケーションも楽しそうでしたね。

今回は客席にプレゼントを投げるサプライズがあったんです。だから、いつも以上にコミュニケーションを取ることができましたね。これまで出演したランウェイは照明が反射して見えにくい場合もあったんですが、今日はみなさんの顔がよく見えました。

――これまでも何回かTGCにご出演されてきた桜田さん。初登場のころから何か変化はありましたか?

はじめて出演したときは「歓声ってあまりないんだな……」というのが正直な感想でした。もちろん、TGCほど多くの観客が集まるランウェイはないので、僕を知らない人がいるのは当然のことなんですが。

――でも、段々と景色が変わっていった?

はい、出演を重ねていくうちに歓声が少しずつ大きくなっていくのを感じましたね。それからは、客席を見ると「あ、この方は僕を見に来てくれている」「僕を見るために前のほうの席に座ってくれている」といった実感が得られるようになりました。ランウェイを通して、応援してくれる方が増えていくのを物理的に認知できるのは感慨深いです。

――ファンの方と会えるタイミングって、そう多くはないですもんね。そんな桜田さんにとって、TGCのランウェイはどんな意味を持つ場所ですか?

仲良くしている男友だちがたくさん出ているし、作品でご一緒した方たちと再会することもあります。だから、僕にとっては彼らと作る“文化祭”みたいな場所ですね。中学校や高校は仕事の関係で満足に通えていなかったので、今それを体験できるのがすごくうれしくて。役を背負って出るわけじゃないから純粋に楽しめるし、出演者の姿を見学できるのは勉強にもなるし、本当に幸せな空間です。

感度は人一倍。桜田通がファッションに抱く思いとは?

あえてパンツスタイルを選ぶ女性のこだわりにぐっとくる

――次はイベントにちなんで、好きな女性のファッションについて教えてください。カジュアル系・ガーリー系・コンサバ系の中なら、どれがいいですか?(下図を見せながら)

画像提供:DHOLIC

画像提供:DHOLIC

 

この中だったら、カジュアルが好きですね。特に、パンツをあえて履いている女性は素敵だなって思います。古い考えかもしれないけれど、学校の制服とかって「女性はスカート」「男性はパンツ」とたいてい決められているじゃないですか。だけど、とらわれずにパンツルックを楽しんでいる女性は「服にこだわりがありそう」と思えるので好感が持てます。

――具体的にどんなパンツルックがお好きなんですか?

今回の衣装で僕が履いているような、パキッとしたブラックのパンツ姿はぐっときます。女性らしくない、性別を感じさせないような格好を見ると「洋服が好きなんだな」って感心しますね。

「つながりを作る服」と「高めてくれる服」、桜田通が人生で大切にする2着

――桜田さんはご自身のファッションにもこだわりがあると聞きました。特に人生で一番思い入れのある服ってありますか?

ふたつありますね。ひとつは「Off-White(オフホワイト)」というブランドの赤い装飾が特徴的なミリタリージャケットです。

――この服にはなぜ思い入れが?

僕の場合、人に自分の服を渡すことってあまりないんです。でも、これは唯一貸し借りをすることがある服で。大好きな服だけど、信頼している人には貸せるんです。「OCEAN TOKYO(オーシャントーキョー)」という美容室で代表をやっている高木琢也さんとプライベートで仲良くしていて、彼が「仕事で着たい」と言ってくれたときにお貸ししました。持っている服の中では少し高価なものなんですが、自分の中だけで大事にするのではなく仲間と共有できるのがいいなって思いますね。服を通して生まれる一体感が心地いい。

――人とのつながりを作る服って素敵ですね! では、もうひとつのアイテムについても教えてください。

もうひとつは「HYEIN SEO(へインソ)」という韓国のブランドの服です。バックにおばけのイラストが描かれている白と黒のファーコートなんですが、こちらは普段使いできるようなアイテムじゃなくて。たとえるなら、まさにスターが着るような服! 実は、僕自身も購入してから数回しか着ていないんです。なので「いつか自分が大スターになったら、そのときはドヤ顔で着てやろう」って野望を抱きながら大事に保管しています。これは僕自身を俳優として高めてくれる服ですね。

謎が深い。だからもっと知りたくなる男、桜田通

芯の通ったぶれない眼差しを向け、自身が見てきたランウェイの景色について語ってくれた桜田さん。そうかと思えば、今度はまるで宝物を自慢して喜ぶ無邪気な少年のように、大好きな服のことを話してくれる。ころころと変わっていく彼の表情に、どんどん惹きつけられていく自分がいました。

質問をすると、予想を超えた一答一答で新たな顔をちらりとのぞかせる。それは正直、こちらの驚きが追いつかないほど。インタビューが進めば進むほど「それでもまだ見ていない隠された顔があるはずだ」「もっと暴いてみたい」という刺激をもらいました。桜田通は謎が多い。だからこそ、知りたくなる。終始そんな衝動に駆られたインタビューでした。

桜田通(さくらだどおり)プロフィール

1991年12月7日生まれ。東京都出身の25歳。2006年、ミュージカル「テニスの王子様」にて主役を務め、注目を集める。その後は、映画『orange-オレンジ』、ドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」(日本テレビ系)「嫌われる勇気」(フジテレビ系)「グッドモーニング・コール」(Netflix)など数々の作品に出演。今年、「クズの本懐」(フジテレビ系)の主演に抜擢され、その演技が話題になったことも記憶に新しい。

(取材・文:井田愛莉寿/マイナビウーマン編集部、撮影:天野莉絵)

お役立ち情報[PR]