お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド専門家 メイク

2017年夏メイクのトレンドはコレ! ポイントとやり方を紹介

西田美穂(カラーアナリスト/美容研究家)

毎シーズン同じメイクをしていませんか? 洋服を変えるようにメイクも季節に合わせて変える事で、周りの印象も大きく違ってきます。2017年夏メイクのトレンドとやり方をカラーアナリストで美容研究家の西田美穂さんに詳しく教えてもらいました。

夏メイク

2017年夏メイクのポイント

まず去年2016年に、どんなメイクがトレンドだったか覚えていますか? 簡単に振り返りつつ、2017年夏メイクのトレンドを、西田先生に教えていただきました。

夏メイクポイント

2016年と2017年の夏メイクのトレンド変化は?

西田:2016年を振り返ると、ツヤ肌、青みピンク、ブルーグロス、平行眉、といったキーワードが挙げられます。そしてこの夏、2016年と大きく変わった点といえば、眉の形が「太アーチ眉」に変わったこと。また、女性らしさを意識する流れで、「カラーメイク」もポイントと言えます。リップもアイシャドウも、より鮮やかなトーンが主流になっています。

2017年夏メイクの流行とメイクポイント

西田:この夏、リップメイク熱が上がっています。中でもティントタイプのリップは雑誌やSNSでもたびたび話題になり、継続的に流行しています。また、鮮やかな色のリップがさまざまなブランドから発表され、トレンドカラーをリップで取り入れる流れを後押ししています。質感もマットからシアーまで多種多様です。鮮やかな色の口紅をメイクのポイントに置いて、アイメイクは控えめにする傾向にあります。

2017年夏メイクのトレンドカラー

西田:「ピンク」と「オレンジ」が2大トレンドとして挙げられます。どちらも鮮やかな色で、リップはもちろんのこと、チークやアイシャドウにも反映されています。また、人気色として定着している「青みピンク」ですが、昨年流行した青みピンクよりも、赤みが強く、濃いピンクになっています。もう一つ「イエロー」も今年らしいカラーで、服に取り入れる方が多い中、メイクでも急増しています。アイシャドウは単色や他のカラーと組み合わせ、チークは血色よく見せる仕込みカラーとして(←ここで終わっていましたが、続きがあるようでしたらお願いします)。

次ページ:パーツ別、トレンドの夏メイクのやり方

お役立ち情報[PR]