お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メイク

大人の魅力を引き出す上品でナチュラルな「アラサーメイク」とは?

藤田遥香

アラサーになって気になってくるのが、年相応の身だしなみです。服装もそうですが大きく関係してくるのはメイク。そこで今回は、アラサー女性にふさわしいメイクのポイントを美容に詳しいトータルビューティサロン「アトリエはるか」の藤田遥香さんに、詳しく教えていただきました。また実際のアラサー女性は、メイクのどこに気を使っているのかもアンケートで聞いてみました。

太眉女性

パーツ別! アラサーメイクのポイント

アラサーになってから、「20代前半のころのメイクが似合わなくなった」「流行のメイクの取り入れ方がよくわからない」とお悩みの女性も多いのではないでしょうか。ここではそんな悩みを解消すべく、オススメのアラサーメイクのポイントをお聞きしました。アラサーメイクは、ヘアスタイルや服装を含めたトータルでのバランスも大切。20代前半のころの濃いアイシャドウを盛っていくなどの足し算メイクではなく、色味を抑えたカラーレスの引き算メイクを心掛けるようにしましょう。

ブラシとコスメ

カラーレス+ツヤ感が美しい「アイメイク」のポイント

アイシャドウは、肌になじみやすいオレンジ系やベージュ系なら洋服の色味の邪魔をしません。ただしアラサーの場合、カラーレスすぎると顔色がくすんで見えるのでパール系を選びます。アイホールにツヤ感がプラスされ、カラーレスでも地味になりすぎません。

アイラインは、リキッドタイプよりペンシルタイプが自然な仕上がりになります。目のラインからオーバーさせず、まつげのキワを埋める程度で。
マスカラは、ビューラーでしっかりまつげをあげてからつけるようにします。まつげ1本1本を長く見せてくれるロングタイプがオススメ。自然な仕上がりで目力がアップします。

好印象を作る「眉メイク」の描き方のポイント

眉は、顔の印象を左右する重要なパーツ。黄金バランスを基準に描きます。眉頭は小鼻のふくらみの延長線上、眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長線上、眉山は黒目の外側(眉全体の2/3)の位置に。ポイントは、少し太めでなだらかなアーチ眉にすること。アイブロウパウダーには、髪色よりやや明るめの色を使うと顔色のトーンアップにもなります。

上品に見せるくすみ系ピンクの「リップメイク」のポイント

上品な口元を目指すならくすみ系ピンクがオススメですが、唇は年齢を感じさせやすいパーツなのでアラサー女性が使うときは注意が必要。口元をくすんだ色味にすると、顔全体もくすんだ顔色に見えがちです。アイシャドウを同じピンク系だけどくすみのないピンクベージュにするなどで、口元だけ浮かないようにしつつメイク全体のバランスを取ります。少し華やかに仕上げたいときは、レッド系を直塗りし指で馴染ませて。ぼかして塗るとやりすぎ感がなく、ラフでおしゃれになります。

ふんわりナチュラルな「チークメイク」のポイント

アラサーのチークメイクは、肌に溶け込むような自然な色味を骨格補正程度に馴染ませるのがポイントです。主張しすぎないローズやピーチを大きめのブラシでふんわりのせるとナチュラルに。カラーレスに挑戦するなら、ベージュのクリームチークを使ってベースメイクに馴染ませるときちんとした印象になります。

次ページ:アラサー女性がメイクで気を使っているパーツは?

お役立ち情報[PR]