お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

【FP監修】同棲の初期費用っていくら? 知っておきたい節約のコツをFPが解説!

石川福美/クレア・ライフ・パートナーズ

01

恋人と同棲を始めたり、結婚して2人暮らしを始めるときには、初期費用が必要になりますよね。カップルの同棲にかかる初期費用は、いくらなのでしょうか。知っておきたい費用を抑えるコツと一緒に、ファイナンシャル・プランナーの石川福美さんに教えていただきました。

■同棲に必要な初期費用

02
カップルで同棲を始めるにあたり、初期費用としていくらかかるのでしょうか。まずは一般的な項目と費用の目安について解説します。

◇住宅の契約にかかる初期費用は「約75万5,000円」

利用する不動産会社やオーナーさんによって異なりますが、初期費用の平均としては家賃の5カ月分ほどかかることが多いようです。

☆首都圏2DKマンションの平均家賃相場

11万3,500円

☆初期費用の各費用項目の相場

・敷金/家賃1カ月分
・礼金/家賃1カ月分
・仲介手数料/家賃1カ月分+税
・前家賃/家賃1カ月分
・日割り家賃/入居する時期に応じて異なる
・鍵交換費用/1万5,000円
・保証会社利用料/家賃の50~100%
・火災保険料/2万円

家賃12万円の物件に月初から住み始めるとすると、総額で「約75万5,000円」となります。さらに、これから紹介する家具・家電の購入費や、日用品の購入費などがプラスされます。

◇家具・家電の初期費用は首都圏で「平均65万4,000円」

リクルートブライダル総研(※)の調査データによると、インテリアや家具の購入費の平均は首都圏で36万7,000円、家電製品は28万7,000円となりました。地域によって差はありますが、約65万円は必要になることが多いようです。また、どんなインタリアや家具を優先的に購入しているのか、購入率のランキングのトップ5もご紹介します。

☆家具・家電の平均購入費用

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9501

☆インテリア・家具の購入率

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9502
1位 カーテン類……87.0%
2位 ダイニング家具……64.8%
3位 自分たちの布団……59.1%
4位 ソファ……58.3%
5位 食器棚……57.4%

※6位以下省略、複数回答可

☆家電製品の購入率

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9503
1位 冷蔵庫……73.7%
2位 照明器具……72.1%
3位 洗濯機……59.0%
4位 掃除機……55.3%
5位 電子レンジ……50.8%

※6位以下省略、複数回答可

◇生活に必要な小物類の初期費用は「約3万円」

必需品であるトイレットペーパーやティッシュ、洗剤などですが、これらの消耗品は5,000円~1万円ほどあればそろえられそうです。日用品雑貨をどこまで新しくそろえるかで費用は変わりますが、食器や調理道具、洗面用具、掃除道具などをすべてそろえるためには、100円ショップで用意したとしても軽く3万円はかかるでしょう。新しく買いたいものを絞り、あとは少しずつそろえていくほうが無理はないかもしれません。

◇同棲の初期費用は合計「約143万9,000円」

すべての費用を平均額で計算すると、「143万9,000円(首都圏)」という数字がでます。カップルによってお金をかける場所を取捨選択したとしても、70~100万円はかかると思ったほうがいいかもしれません。絶対に妥協したくない部分、節約してもいい部分、人それぞれこだわりは異なりますので、しっかり優先順位をつけることが大切です。

次ページ:同棲の初期費用を抑えるコツ

お役立ち情報[PR]