お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

そこまでする!? 男子が「彼女の嫉妬」にビビった瞬間・4選

ファナティック

takebe160224540i9a0512_tp_v-17恋人に愛されるということは、とても幸せなことですが、度が過ぎた愛情となると、逆に恐怖を感じてしまうことも……。今回は男性のみなさんが「彼女の嫉妬は怖い!」と思ったエピソードをご紹介します。

■何年も前のことを言う

・「何年も前にあった些細なことを持ち出してくるとき」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「何年も前にあった出来事を覚えていて、違う件でケンカしたときに、そのことを言ってくる」(34歳/機械・精密機器/技術職)

女性は記憶力がいいともいいますが、ケンカしたときに何年も前のことを持ちだされてしまうと、さすがにウンザリしてしまうようですね。

■ストーカーみたいな行動

・「ストーカーになって自分をつけまわすようになった」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ストーカーのようにあとをつけられた」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

相手の愛情がいきすぎると、ストーカーと変貌してしまうこともあるもの。思い込みの激しいタイプだと、ストーカーになりやすいかもしれませんね。

■女性と話すと疑われる

・「SNSで他の異性と少し喋っただけで、浮気と言われたこと」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「軽く話が盛り上がっただけで、なにを話していたのかと聞いてくる」(30歳/小売店/その他)

他の女性と話をしただけで、ヤキモチを焼かれてしまうこともあるようですね。少しぐらいならかわいいものですが、毎回ともなると怖く感じてしまうかもしれませんね。

■携帯やSNSをチェックされる

・「携帯電話を勝手にチェックされる」(32歳/情報・IT/技術職)

・「SNSをすべてチェックされること。どこで何かしていないかの調査」(27歳/小売店/事務系専門職)

相手の行動が気になって、携帯やSNSをチェックする人もいるようです。証拠を見つけたからといって幸せになれるとは限りませんよね。

■まとめ

しつこく問い詰めたり、いつまでも過去のことをネチネチ言ったりすると、彼氏から怖いと思われてしまうことがあるようです。彼氏にヤキモチを妬いたときは、少し大人になってかわいくすねてみたほうが、辛い気持ちを理解してもらいやすいのかもしれません。
(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月28日~2017年1月4日
調査人数:197人(22歳~34歳の男女)

お役立ち情報[PR]