お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

働く男子が実践! 落ち込んだ時に「気持ちを切り替える方法」6つ

ファナティック

d0011_udemaku20140830150104_tp_v-3会社で嫌なことがあったときや仕事で失敗したときは、気持ちが落ち込んでしまいますが、それをいつまでも引きずっていると、余計に疲れてしまいます。そんなときは、早めに気持ちを切り替えることも必要ですよね! 今回は、どうすれば仕事で落ち込んだ気持ちを上手く切り替えられるのかについて、働く男性のみなさんが実践する対処法を聞いてみました。

■寝て忘れる

・「早めに家に帰って寝る」(28歳/情報・IT/技術職)

・「寝る。とりあえず寝て忘れる」(22歳/学校・教育関連/経営・コンサルタント系)
起きていると嫌なことばかり考えてしまうので、こういうときは寝るに限るという意見も。思いっきり寝て、すっきりと目覚めれば気持ちを切り替えて、もう一度、頑張る気力もわいてくるかもしれませんね。

■仕事のことを考えない

・「楽しいことを考えて、仕事のことを考えないようにする」(30歳/自動車関連/技術職)

・「仕事のことを忘れて好きな映画を観たり、遊びに行く。そのとき仕事のことは一切考えない」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

仕事のミスや叱られたことを忘れるために趣味に没頭したり、遊びに行ったりして気持ちを切り替えるという人もいるようです。遊んでいるうちに落ち込んでいたこともいつの間にか忘れられそうですね。

■お酒を飲む

・「酒を飲んでストレス発散」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「居酒屋に行って楽しむ」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)

ストレス発散のためにお酒を飲むという人もいるようです。ただ、一人で飲んでいると余計に落ち込んでしまうこともありそうなので、こういうときには何も考えずに騒げる友だちと一緒の方が良いかもしれませんね。

■おいしいものを食べる

・「ご飯屋に行って、たらふく飯を食う」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「おいしいものを食べる」(28歳/金融・証券/技術職)

食べることが好きなら思いっきりおいしいものを食べるというのも、気持ちを切り替えるための一つの方法かも。いつもより高めのレストランなどで食事をすると、落ち込んだ自分を慰めることもできそうです。

■体を動かす

・「外を走り回ったり運動したりして、ストレスを発散させたりする」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「カラオケやボーリングなどで汗をかいて、気を紛らわせる」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

じっとしていると落ち込んだ気持ちに負けてしまいそうなので、体を動かすことで気持ちを切り替えると良いという人も。スポーツだけでなくカラオケで大きな声を出すというのもモヤモヤを解消できそうですね。

■失敗の原因を探って次に生かす

・「失敗した内容をよく調べる」(23歳/その他/その他)

・「失敗した原因を探り同じことを繰り返さないように復習する」(27歳/その他/その他)

落ち込んだ原因である仕事の失敗を繰り返さないためにも、あえて失敗について深く考えてみるという男性も。ミスをしなければ落ち込むこともないし、反省することで自分自身が成長することもできそうですよね。

■まとめ

長く仕事をしていれば上手くいかなかったり、叱られたりして気持ちが落ち込む日も少なくはないはず。ただ、その気持ちを引きずって委縮してしまうと同じことの繰り返しになりそう。失敗してしまったことは仕方ないと反省しつつも気持ちを切り替えて、仕事をもっと頑張れば失敗したことも自分のためになるはず。気持ちをコントロールする方法を身につけることも、上手く仕事をこなしていくためには大事なことと言えそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数272件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]