お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「彼氏が喜ぶこと」って? 愛され彼女が心がけるべきこと

ファナティック

彼氏が喜ばない「絶対にやってはいけないこと」

逆に、彼氏が喜ばない「絶対にやってはいけないこと」とはどんなことなのでしょうか? 男性のみなさんに、今まで彼女にされていやだったことを聞いてみました。

嫌がるオトコ

<しつこく連絡が来る>

・「気分が乗ってないときに連絡がしつこく来る」(23歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「飲み会なのにしつこく連絡してくる」(37歳/自動車関連/事務系専門職)

自分の状況や気持ちを無視して、しつこく連絡されることを嫌がる人は多いでしょう。彼の気持ちも離れていってしまいそうです。

<デートをドタキャンされる>

・「デートの前日にドタキャンされたとき」(39歳/医療・福祉/営業職)

・「デートの約束で待っていたがドタキャンされたこと」(29歳/情報・IT/技術職)

デートをドタキャンされて、ひどく傷ついたという声も。やむを得ない事情なら仕方ないかもしれませんが、そうでないとしたら、彼女に対する信用は崩れてしまうでしょう。

<疲れているのに話しかけられる>

・「疲れているときに、すごいしゃべりかけてくること」(38歳/自動車関連/技術職)

・「すごく疲れて仕事が終わって家に帰ってから、あれこれ話をされること」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

意外にも多いのが、疲れているときに話しかけられることを嫌がる男性です。女性としてはいろいろと話を聞いてほしい気持ちもあるのでしょうが、男性の状況や気持ちにも配慮が必要ですよね。

<過剰な嫉妬や束縛をされる>

・「今何してる? とかの束縛行為は信用されてないのかと、寂しい気持ちになる」(35歳/金融・証券/技術職)

・「飲み会とかでほかの女性に嫉妬する」(36歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

過剰な嫉妬や束縛は、信頼されていないのかと思われることもあります。ヤキモチをやいてしまうことはあっても、あまりにも彼氏を束縛するようなことはやめておきましょう。

好きな気持ちがあっても、彼を束縛したりしつこく連絡してしまうような行為は、彼氏から嫌がられてしまうことがあります。彼氏のことを思うのであれば、彼氏の状況や気持ちを第一に考えて行動することが大切なのではないでしょうか?

次ページ:まとめ

SHARE